ソフロン(英語表記)Sōphrōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソフロン
Sōphrōn

[生]前470頃.シラクサ
[没]前400頃
ギリシアの劇作家。日常生活の出来事をテーマにして,社会を風刺的に描いた散文の対話劇であるミモス創始者。作品は男物女物に分れていたらしい。プラトンに愛読され,ヘロンダステオクリトスに影響を与えた。断片のみ現存する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソフロン
そふろん
Sophron

古代(前5世紀ごろ)のギリシア劇作家。シチリアのシラクーザの出身で、古くから伝わる滑稽(こっけい)な芝居ミモスを詩的な散文によって文学的に完成した人で、ミモスの創始者とよばれる。日常生活に題材をとった『漁夫対農夫』『朝食の女たち』などの題名が伝えられているが、作品は断片しか残っていない。プラトンが愛好したといわれ、テオクリトスやヘロンダスなどに大きな影響を与えているので重要な作家である。[引地正俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のソフロンの言及

【ヘロンダス】より

…生没年不詳。彼の〈ミモス〉は,おもに都市下層民の日常生活の滑稽な断面を風刺詩の韻律に乗せて朗唱用の科白劇に仕立てたもので,ソフロンSōphrōnの散文による〈ミモス〉とヒッポナクスHippōnaxの〈イアンボス〉詩の双方の影響が認められるところから,特に〈ミミアンボスmimiambos〉と称される。若干の作品の舞台がコス島と特定されるため,コス島に縁があったことが推定されているが,生涯についてはまったく不明である。…

※「ソフロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android