コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソマリア内戦 ソマリアないせん

2件 の用語解説(ソマリア内戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソマリア内戦
ソマリアないせん

1991年に勃発した,ソマリア氏族間の抗争。1969年のクーデター以降,一党独裁を続けていたソマリ革命社会主義党 SRSPのムハンマド・シアド・バーレ政権は 1991年1月,統一ソマリア会議 USCによって倒された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ソマリア内戦

1991年1月、統一ソマリア会議(USC)が首都を制圧。バーレ政権は崩壊し、モハメド暫定政権が樹立された。しかし同年11月、USC内の暫定大統領派とアイディド議長派が内戦に突入、内戦はほかの氏族勢力を巻き込み全土に拡大した。国連安保理は92年12月に米軍主導の多国籍軍を派遣した。国連事務総長の要請により93年1月アディスアベバで国民和解会議が開催され、即時停戦と武装解除、連邦制の暫定政府樹立に合意した。一方、安保理は同年3月、武力強制措置を認めた第2次国連ソマリア活動(UNOSOMII)が多国籍軍に代わることを決議、5月に交替した。しかし6月初め、UNOSOMIIがアイディド議長派と武力衝突、この事態に多国籍軍は撤退を決定。国連はソマリア人に自らによる解決に任せ、95年3月にすべて撤退した。96年8月、アイディド議長が死去し、同勢力は息子フセインに引き継がれた。2004年1月、ケニアで続いている和平協議で主要氏族や武装勢力が統一議会をつくることに合意、同年10月、ナイロビで暫定大統領にアブダラヒ・ユスフが選出された。同年12月、ゲディ暫定首相を任命し、05年1月に暫定政府がナイロビで樹立され、その後拠点をソマリアのバイドアに移した。06年6月、首都モガディシオイスラム法廷連合が武力制圧し、イスラム法に基づく秩序作りを始めた。これに対し、米国が支援する「平和の回復と対テロ同盟(ARPCT)」が北部を拠点に対立している。

(林晃史 敬愛大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソマリア内戦の関連キーワードソマリアソマリランドソマリエイルソマリア半島ソマリ半島ホビョダダーブソマリアの海賊ソマリ語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソマリア内戦の関連情報