コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロモス ソロモス Solomos, Dionysios

2件 の用語解説(ソロモスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロモス
ソロモス
Solomos, Dionysios

[生]1798.4.8. ザキンソス島
[没]1857.2.9. ケルキラ島
ギリシアの詩人。少年期からイタリアで教育を受け,イタリア語で創作を始めたが,のちギリシアの政治家トリクピスのすすめでギリシア民衆語に転向。ギリシア独立戦争に刺激されて,叙事詩『自由の賛歌』 Ymnos eis tin eleftherian (1823) を発表,のちその第1節に友人マンザロスが曲をつけ,これがギリシア国歌となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソロモス
そろもす
Dionysios Solomos
(1798―1857)

近代ギリシアの国民詩人。イオニア諸島ザキントス島で生まれ、イタリアで教育を受けた。祖国の独立闘争を創作の基盤に据え、叙事詩『自由の賛歌』(1823)を発表、その第一節がギリシア国歌となった。ほかに未完の大作『自由なる籠城(ろうじょう)者たち』がある。ソロモスは民衆語の優位を主張し、近代詩語の確立に貢献したほか、詩壇のイオニア派の創始者として後代に大きな影響を与えた。[森安達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソロモスの関連キーワードコリンソス地峡タソス島ナクソス島アンティパクソス島コリンソス遺跡コリンソス運河スキアソス島パクソス島ナクソス島のアリアドネ《ナクソス島のアリアドネ》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone