コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンバトヘイ Szombathely

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンバトヘイ
Szombathely

ラテン語ではサワリア Savaria,ドイツ語ではシュタイナマンガー Steinamanger。ハンガリー西部,オーストリア国境に近い都市。ローマ時代には属州上パンノニアの首都であった。5世紀にフン人が侵入するまでパンノニア北部の行政,経済,交通の中心として繁栄。ブダペスト,ウィーン,グラーツザグレブと鉄道で結ばれる交通の要地。周辺地域に産するワイン,果実,糖蜜,香料などを集散し,農機具を製造する。人口8万 5702 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ソンバトヘイ(Szombathely)

ハンガリー西部の都市。オーストリアとの国境近くに位置する。紀元前1世紀半ば、古代ローマ皇帝クラウディウスによりサバリアと呼ばれる植民都市が建設され、紀元後2世紀初頭に属州パンノニアの州都になった。オスマン帝国の支配を免れたため、同国最大級のバロック様式の教会であるソンバトヘイ大聖堂、司教館、フランチェスコ修道会の教会など歴史的建造物が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ソンバトヘイ【Szombathely】

ハンガリー西部,オーストリアとの国境に近い都市。バシュ県の県都。人口8万6000(1994)。ローマ時代のサウァリアSavariaで,上部パンノニアの中心地。すでに4世紀には司教座が置かれるが,ハンガリー人の定住後,イシュトバーン1世はこれをジェール司教区に与えた。しかし1777年にマリア・テレジアがこれを再興。オスマン・トルコの支配を免れたので,古代・中世の遺跡を残す。軽工業の中心地でもある。【南塚 信吾】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソンバトヘイ
そんばとへい
Szombathely

ハンガリー西部、バシュ県の県都。オーストリアとの国境近くにある。人口8万1920(2001)。ローマ時代からの交通の要衝で、農業機械、製靴・皮革、繊維、食品などの諸工業がある。43年ローマのクラウディウス帝によって建設された町で、その遺跡の一部が保存され、博物館となっている。また、18世紀に創建されたバロック様式のカトリック教会(第二次世界大戦で破壊された後再建)など、考古・歴史的記念物が数多く残されている。[古藤田一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソンバトヘイの関連キーワードバルトーク国際音楽セミナー&フェスティバルハンガリーの春祭り

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android