コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンバトヘイ ソンバトヘイSzombathely

4件 の用語解説(ソンバトヘイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンバトヘイ
ソンバトヘイ
Szombathely

ラテン語ではサワリア Savariaドイツ語ではシュタイナマンガー Steinamanger。ハンガリー西部,オーストリア国境に近い都市。ローマ時代には属州上パンノニアの首都であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ソンバトヘイ(Szombathely)

ハンガリー西部の都市。オーストリアとの国境近くに位置する。紀元前1世紀半ば、古代ローマ皇帝クラウディウスによりサバリアと呼ばれる植民都市が建設され、紀元後2世紀初頭に属州パンノニアの州都になった。オスマン帝国の支配を免れたため、同国最大級のバロック様式の教会であるソンバトヘイ大聖堂、司教館、フランチェスコ修道会の教会など歴史的建造物が残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ソンバトヘイ【Szombathely】

ハンガリー西部,オーストリアとの国境に近い都市。バシュ県の県都。人口8万6000(1994)。ローマ時代のサウァリアSavariaで,上部パンノニアの中心地。すでに4世紀には司教座が置かれるが,ハンガリー人の定住後,イシュトバーン1世はこれをジェール司教区に与えた。しかし1777年にマリア・テレジアがこれを再興。オスマントルコの支配を免れたので,古代・中世の遺跡を残す。軽工業の中心地でもある。【南塚 信吾】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソンバトヘイ
そんばとへい
Szombathely

ハンガリー西部、バシュ県の県都。オーストリアとの国境近くにある。人口8万1920(2001)。ローマ時代からの交通の要衝で、農業機械、製靴・皮革、繊維、食品などの諸工業がある。43年ローマのクラウディウス帝によって建設された町で、その遺跡の一部が保存され、博物館となっている。また、18世紀に創建されたバロック様式カトリック教会第二次世界大戦で破壊された後再建)など、考古・歴史的記念物が数多く残されている。[古藤田一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ソンバトヘイの関連キーワードソンバトヘイ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone