コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンム川 ソンムがわSomme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンム川
ソンムがわ
Somme

フランス北部,パリ盆地北部を流れる川。全長 245km。エーヌ県北部,アルトア丘陵南東部サンカンタン付近に源を発し,エーヌ県内を南西流,ソンム県に入ってからはほぼ北西流して,イギリス海峡のソンム湾に注ぐ。豊かなピカルディーの台地を流れ,特にペロンヌ,アミアン間では曲流を重ねて,湿潤な谷底平野を形成。上流部ではソンム運河が並流して,オアーズ,エスコー両水系を結び,北フランス工業地帯の内陸水運網の一環をなしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソンム川
そんむがわ
la Somme

フランス北部の川。全長245キロメートル、流域面積は約6000平方キロメートルで、ソンム県の大部分を占める。ベルギー国境付近の丘陵地の南斜面、エーヌ県北部の標高わずか97メートルの地点に発し、蛇行しながらピカルディー平野をほぼ西に貫流、サン・カンタン、ペロンヌ、アミアン、アブビルを経て、大きな三角江(エスチュエール)を形成してイギリス海峡に流入する。河口に近いアブビルでの流量は年平均毎秒35立方メートルと少なく、航行には不利なため、河口付近からサン・カンタン南東15キロメートルのサン・シモンに至る156キロメートルにソンム運河が開かれているが、アブビルから上流は河床を利用した運河になっている。ペロンヌ付近から上流のサン・カンタン運河は、北部運河の一部とされ、オアーズ川と連絡し、パリ方面への水運に利用されている。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ソンム川の関連キーワードシャルル(ブルゴーニュ公)ブルゴーニュ公国ヨーロッパ考古学クレシーの戦いアシュール文化アブビル文化アラスの和約メロビング朝ソンムの戦いスケルデ川ソンムの戦旧石器時代オランダ史西部戦線コルビー高橋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android