ソーラーカー(英語表記)solar car

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーラーカー
solar car

太陽電池で走る自動車単結晶シリコンなどの素子で太陽光を集めて発電し,このエネルギーで走行する。無尽蔵の資源を活用した無公害の「夢の車」として,大学や研究所から自動車メーカー,太陽電池メーカー,民間の愛好家まで開発しのぎを削っている。 1990年9月にトヨタ自動車運輸省の安全基準を満たした一般道路も走れる実用型ソーラーカーを発表したほか,マツダ本田技研工業京セラなどもモデルを発表している。ソーラーカー・ラリーもアメリカやオーストラリア,日本などで毎年開催されている。しかし今のところ,ソーラーカーの性能はガソリン自動車に遠く及ばず,今後さらに高性能の素子や集光システムの開発,雨や曇りの日でも走れる蓄電技術の開発,軽量化とコストダウンなどが本格的実用に向けての課題である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ソーラーカー

太陽エネルギーを利用して走る自動車。太陽の光を電力に変換する太陽電池を備え,電動機原動機とする。雨天のときなどは蓄電池に充電した電力を利用することも可能。ソーラーカーによるレースも行われており,代表的なものに毎年オーストラリアで開催される大陸横断レースがある。
→関連項目自動車

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソーラーカー
そーらーかー
solar car

太陽の光エネルギーを車両の上面に設置した太陽電池で電力に変換し、その電力でモーターを駆動して走る電気自動車。太陽電池を一般的な自動車に装着できるサイズに小型最適化することのほか、時間帯、季節、天候、地域等によって変化する太陽の光エネルギーに対応して、安定的な走行性能と経済性を両立させるなど、実用化までには課題が多く残されている。
 自動車メーカーのほか大学が研究・開発にかかわっており、日本や海外で行われるソーラーカーのレースに参加している。また、自作車による参加形の自動車競技としてもレースが行われている。
 太陽光を駆動エネルギーとするソーラーカーとは異なるが、自動車に太陽電池が備えられた例としては、トヨタ自動車が2009年(平成21)に発売した3代目プリウスがある。有償注文装備品である「ソーラーベンチレーションシステム」により、駐車中に太陽電池で発電した電力によって送風ファンを駆動し、車室内を換気して温度上昇を抑える。[伊東和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ソーラー‐カー

〘名〙 (solar car) 太陽電池を動力に用いた自動車。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソーラーカーの関連情報