コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーントン ソーントン Thornton, Matthew

4件 の用語解説(ソーントンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーントン
ソーントン
Thornton, Matthew

[生]1714?
[没]1803
アメリカの医師,政治家。アメリカ独立革命期の愛国派独立宣言署名者の一人。少年の頃アイルランドから新大陸へ渡る。 1740年以降ニューハンプシャーで医師を開業。革命前の独立運動の推進者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ソーントン
ソーントン
Thornton, William

[生]1759.5.20. 西インド諸島ヨストファンダイク島
[没]1828.3.28. アメリカ,ワシントンD.C.
アメリカのアマチュア建築家,発明家。エディンバラ大学で医学を修め,パリに学び,ヨーロッパ各地を旅行。 1788~94年フィラデルフィアに住み,ライブラリーカンパニービルディングを設計 (1789~90,1884破壊) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ソーントン
ソーントン
Thornton,Henry

[生]1760.3.10. ヨークシャー,ハル
[没]1815.1.16. ロンドンケンジントン
イギリスの銀行家,慈善事業家,またイギリス国教会クラパム派の指導者の一人。 1782~1815年サザーク選出下院議員。経済学史上,すぐれた金融理論の業績で知られ,D.リカードらとともに 19世紀初頭の地金論争における中心人物の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ソーントン【Henry Thornton】

1760‐1815
イギリスの銀行家,慈善事業家。ロシア貿易商の三男としてロンドン郊外のクラパムに生まれた。1784年にダウンフリーアンドソーントン銀行に入り,銀行家としての第一歩を踏み出した。下院議員(1782‐1815)として政治活動に携わると同時に,福音主義グループの指導者として慈善事業にも力を尽くし,とくに奴隷貿易禁止法案(1807)の成立に貢献したことで有名。しかし最も注目すべき点は金融理論家としての業績である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソーントンの関連キーワードデニソントゥックヒルシュホープ慈善市慈善興行慈善会慈善試合ロシアより愛をこめて露清銀行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソーントンの関連情報