コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイプ標本 タイプヒョウホン

デジタル大辞泉の解説

タイプ‐ひょうほん〔‐ヘウホン〕【タイプ標本】

採集された生物新種であるか、既存種であるかを定める基準となる標本基準標本

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

タイプひょうほん【タイプ標本 type specimen】

生物の分類群に学名を与えるときに基準となる標本。基準標本ともいう。種とそれ以下の階級の分類群については,特定の標本に記載を加え学名を与えたものをタイプ標本(動物では模式系列)として,任意の標本がそれと同一分類群に属するかどうかの判定によって学名を与える。種よりも大きい分類群には,それより低い階級の分類の一つをタイプと決めて判定する。これをタイプ法type methodといい,命名規約で採用されている手順である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

タイプ標本の関連キーワードハスジギヌナガアオサゴーラル押し葉

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android