コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイムレコーダー time recorder

翻訳|time recorder

百科事典マイペディアの解説

タイムレコーダー

時計と印字機構を組み合わせ,時計の指示する日時をカードに印字する装置。振子時計式もあったが現在は電気式となり,マイコン内蔵で各種の集計が行えるもの,磁気カードを利用するものなど多様な機種が開発されている。
→関連項目事務機械

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タイムレコーダー【time recorder】

時計に印字機構を組み合わせ,時刻を所定のカードに自動記録する装置。一般に従業員の出退勤管理を行うために使用する。日本には明治末期にアメリカのシンシナティやストロンバーグのぜんまい式タイムレコーダーが紹介されている。1931年には国産機が開発され,以来改良に改良が加えられ今日に至っている。工場,事務所,商店等の出退勤管理はもとより,生産管理,工程管理面での標準時間設定,作業量の測定,原価計算等にも使われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

タイムレコーダー【time recorder】

タイム-カードに時刻を記録する機械。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイムレコーダー
たいむれこーだー
time recorder

従業員の出退勤・時間外勤務などを記録して時間管理を行う事務機。1871年、アメリカのウィルソンJohn C. Wilsonが試作第1号機を製作したのが最初で、日本では1931年(昭和6)に国産品が発売された。第二次世界大戦終了後、戦前と同じぜんまい式の生産が再開されたが、広く普及したのは50年代に電動打刻式が出現してからである。75年ごろからは時計部分にクォーツを採用、78年にはエレクトロニクスを導入して複雑な勤務シフトに対応できる機種が登場した。さらに、80年からはマイコンを組み込み、給料計算などまでを行う機種も販売されている。
 種類を大別すると、〔1〕機械式、〔2〕電子式、〔3〕集計機能付き、〔4〕システムタイムレコーダーの4種があり、順次機能が拡大する。〔1〕は同期モーターを使用し、時計の駆動部、カード送り機構、印字機構の基本構造に、時報装置、月末自動調整装置、停電時稼動装置などが適宜付加される。〔2〕は数個のIC基盤にその会社の出退に関するプログラムを入れ、電子メロディーの時報、異例勤務への対応を行う。〔3〕はさらにパート、アルバイト、正社員の勤務シフトに対応するとともに、残業時間や簡単な賃金まで算出する。〔4〕はIDカードや複雑な記録のとれるカードを使用し、各端末からの勤務情報をコンピュータに入れ、集計、賃金計算、統計などを行い、さらにオンラインシステム、LAN(ラン)システムに接続する。将来は視覚・掌紋・音声センサーなどの個人識別により、より高度の時間管理を指向するものと思われる。[古長尉角]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タイムレコーダーの関連キーワードタイムスタンプタイムカードワトソン事務用品マックスアマノIBM機械

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイムレコーダーの関連情報