コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウビー タウビーTaube, Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウビー
Taube, Henry

[生]1915.11.30. ニュードーフ
[没]2005.11.16. カリフォルニア,スタンフォード
カナダ生まれのアメリカの化学者。サスカチュワン大学卒業後,カリフォルニア大学バークリー校で博士号取得。その後,コーネル大学シカゴ大学を経て,1961年スタンフォード大学に招かれる。 1942年アメリカ市民権を取得。 1940年代後半に,溶液中の金属イオンの性質を同位体を用いて調べる手法を確立。金属イオンと水分子の結合状態を研究し,「配位子化学」を開拓,酸化還元反応など重要な電子遷移反応を解明した。その成果は生体の酵素中の金属の機能研究にも道を開いた。 1983年ノーベル化学賞を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タウビー
たうびー
Henry Taube
(1915―2005)

アメリカの化学者。カナダのサスカチェワン州ニュードルフに生まれる。サスカチェワン大学で学び、1937年修士号を取得、同年渡米して、1940年にカリフォルニア大学バークリー校で化学博士号を取得した。同校の専任講師を務めたのち、1941年コーネル大学准教授となり、翌1942年アメリカに帰化、さらに1946年シカゴ大学で准教授となり、のち教授に昇格、1956年から1959年まで化学部門の主任教授を務めた。1962年にスタンフォード大学の教授に転じ、1972年から1974年までと1978年から1979年の二度にわたり化学部門の主任教授を務め、1986年に退職して名誉教授となった。日本工学アカデミーの客員でもあった。
 タウビーは、コーネル大学およびシカゴ大学時代に、ラジオ・アイソトープを使用して酸化還元反応や置換反応を定量的に分析する実験方法を開発した。その後、配位化合物の研究において、コバルトやクロームの金属錯体の電子移動(電子遷移)反応を調べ、金属錯体の中心にある金属イオンの周囲に配位している配位子が錯体間に配位子架橋とよばれる結合をおこすことにより、電子移動が引き起こされることを証明し、金属錯体の酸化還元反応のメカニズムを解明した。1983年に金属錯体の電子遷移反応の機構に関する研究の業績によって、ノーベル化学賞を受賞した。[編集部]
『基礎錯体工学研究会編『新版 錯体化学――基礎と最新の展開』(2002・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タウビーの関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット高校野球[各個指定]芸能部門グリフィスデミル(Cecil Blount De Mille)三木露風日本の医学史(年表)

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android