コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タスマニアデビル Sarcophilus ursinus; Tasmanian devil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タスマニアデビル
Sarcophilus ursinus; Tasmanian devil

有袋目フクロネコ科。体長 50~80cm,尾長 23~30cm,体重5~9kgで,小型のクマに似る。体は黒色で,喉に月の輪状の白色斑がある。有袋類中最も貪欲であるとされ,小動物を捕食するほか死肉も食べる。噛む力が強く,細い鉄棒などは曲げてしまうといわれる。夜行性。子は母親の育児嚢で5ヵ月ほど育てられる。タスマニア島に分布するが,近年その数が激減したといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タスマニア‐デビル(Tasmanian devil)

フクロネコ科の哺乳類。体長47~80センチ。黒色で体のわりに頭と口が大きい。タスマニア島だけに分布。ふくろあなぐま。ふくろぐま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タスマニアデビル

フクログマとも。有袋目フクロネコ科の哺乳(ほにゅう)類。体長47〜83cm,尾22〜30cm。外形はクマに似て,黒色。タスマニアに分布。夜行性で,岩穴や樹洞にすむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タスマニアデビル【Tasmanian devil】

別名フクロアナグマ。有袋目フクロネコ科の哺乳類(イラスト)。体つきがクマに似て,がっしりとしたタスマニア島固有の動物。体色黒褐色ないし黒色で,前胸部にクマのそれに似た三日月状の白斑がある。クマよりはるかに小さく,体長52~80cm,尾長23~30cm,体重4.1~11.8kg。森林,草原,山地,海岸とタスマニアのほとんどあらゆる環境にすむ。夜行性で,日中は岩穴,木の洞,ウォンバットの巣穴,茂みなどで眠り,夜間おもに嗅覚(きゆうかく)でカエル,ザリガニ,鳥,ネズミなどをさぐりだして捕食する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

タスマニアデビル

フクロネコ科の有袋類の一種。体色は黒色で、首と背に白斑をもつ。子熊に似た外観で、現存する肉食有袋類では最大種。タスマニア島に生息する。死肉を好むが、時に小鳥やトカゲを捕食。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タスマニアデビル
たすまにあでびる
Tasmanian devil
[学]Sarcophilus harrisi

哺乳(ほにゅう)綱有袋目フクロネコ科の動物。フクログマ、フクロアナグマともいう。タスマニア島だけに分布する。頭胴長47~83センチメートル、尾長22~30センチメートル、体重5.5~9キログラム。体は頑丈で頭は大きく、あごの筋肉は強力で歯も強い。吻(ふん)は短く幅広い。体の上毛は粗く、下毛は羊毛状である。体色は黒または暗い黒茶色で、のどに月輪状の白斑(はくはん)があるが、欠くものもある。後ろ足の第1指はない。雌の育児嚢(のう)は繁殖期だけに発達し、後方に開口する。乳頭は4個。夜行性で、川岸、海岸、谷間などの岩石地、あるいは森林、低木林などに単独で生活する。昼間は岩穴や木の株のうろ、石の下などに隠れている。種々の動物を捕食し、カエル、ザリガニ、魚などから、ヒツジ、ニワトリまで食べる。1産1~4子。子の大きさは12ミリメートルで、目は閉じ、体には毛が生えていない。子は育児嚢で育てられる。寿命は7年ほどである。[中里竜二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タスマニアデビルの関連キーワードクレードル山=セントクレア湖国立公園タスマニア自然保護区タスマニアンデビルタスマニア原生地域サンディエゴ動物園ヒューオンバレーオーストラリアモールクリーククレードル山フクログマトカゲ袋猫袋熊

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android