コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タツナミソウ

2件 の用語解説(タツナミソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タツナミソウ

シソ科の多年草。本州〜九州,東アジアの野原や丘陵などにはえる。茎は高さ20〜40cm,葉は対生しハート形で両面に毛が多い。5〜6月,茎の頂に花穂を出し淡紫色で長さ2cmほどの唇形(しんけい)花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タツナミソウ
たつなみそう / 立浪草
[学]Scutellaria indica L.

シソ科の多年草。茎は短い地下茎から直立して、高さ20~30センチメートル。密に開出毛がある。葉は対生し、卵状心臓形、両面ともに軟毛があり、裏面には腺点(せんてん)がある。5~6月、茎の先端に花穂をつけ、青紫色の花を開く。花冠は基部で折れ曲がって直立し、長さ1.5~2センチメートル。先は2唇に分かれ、一方向に向けて開花する。下唇に濃紫色の斑点(はんてん)がある。果実は、熟すと萼片(がくへん)の上側が外れて、分果とともに落ちる。野原や丘陵の草地に生え、本州から九州、および朝鮮半島、中国、インドシナに分布する。名は、花が咲く状態を波頭に見立てていう。変種のコバノタツナミは一名ビロードタツナミともいい、葉は小形で毛を密生するものが多い。伊豆半島以西の本州から九州の海岸近い山地に多く分布する。
 ヤマタツナミソウS. pekinensis Maxim. var. transitra (Makino) Haraは、高さ10~35センチメートル。タツナミソウに似て茎に上向きの毛があり、葉は卵状三角形。花冠は基部から約60度に立ち上がる。山地の木陰に生え、北海道から九州、および朝鮮半島に分布する。この変種エゾタツナミソウは、葉は薄くて毛はほとんどなく、近畿地方以北の本州、北海道、および朝鮮半島、中国北部、東シベリアに分布する。
 シソバタツナミS. laeteviolacea Koidz.は、茎には上向きに曲がった毛があり、葉面は先のほうに曲がった毛に覆われて光沢がある。山地のやや湿った木陰に生え、福島県以西の本州から九州に分布する。全体が大形で、葉が長卵形の変種をツクシタツナミソウといい、九州に分布する。
 オカタツナミソウS. brachyspica Nakai et Haraは、茎には下向きの縮れた毛があり、葉は三角状卵形で両面は毛で覆われ、裏面に腺点がある。タツナミソウに比べて花穂が短いのが特徴である。丘陵地に生え、本州、四国に分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タツナミソウの関連キーワードアケビツワブキヨモギコレウス荏胡麻オニユリフキヤマゴボウヨメナエヒメアヤメ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone