コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タツナミソウ

百科事典マイペディアの解説

タツナミソウ

シソ科の多年草。本州〜九州,東アジア野原丘陵などにはえる。は高さ20〜40cm,葉は対生しハート形で両面に毛が多い。5〜6月,茎の頂に花穂を出し淡紫色で長さ2cmほどの唇形(しんけい)花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タツナミソウ
たつなみそう / 立浪草
[学]Scutellaria indica L.

シソ科の多年草。茎は短い地下茎から直立して、高さ20~30センチメートル。密に開出毛がある。葉は対生し、卵状心臓形、両面ともに軟毛があり、裏面には腺点(せんてん)がある。5~6月、茎の先端に花穂をつけ、青紫色の花を開く。花冠は基部で折れ曲がって直立し、長さ1.5~2センチメートル。先は2唇に分かれ、一方向に向けて開花する。下唇に濃紫色の斑点(はんてん)がある。果実は、熟すと萼片(がくへん)の上側が外れて、分果とともに落ちる。野原や丘陵の草地に生え、本州から九州、および朝鮮半島、中国、インドシナに分布する。名は、花が咲く状態を波頭に見立てていう。変種のコバノタツナミは一名ビロードタツナミともいい、葉は小形で毛を密生するものが多い。伊豆半島以西の本州から九州の海岸近い山地に多く分布する。
 ヤマタツナミソウS. pekinensis Maxim. var. transitra (Makino) Haraは、高さ10~35センチメートル。タツナミソウに似て茎に上向きの毛があり、葉は卵状三角形。花冠は基部から約60度に立ち上がる。山地の木陰に生え、北海道から九州、および朝鮮半島に分布する。この変種エゾタツナミソウは、葉は薄くて毛はほとんどなく、近畿地方以北の本州、北海道、および朝鮮半島、中国北部、東シベリアに分布する。
 シソバタツナミS. laeteviolacea Koidz.は、茎には上向きに曲がった毛があり、葉面は先のほうに曲がった毛に覆われて光沢がある。山地のやや湿った木陰に生え、福島県以西の本州から九州に分布する。全体が大形で、葉が長卵形の変種をツクシタツナミソウといい、九州に分布する。
 オカタツナミソウS. brachyspica Nakai et Haraは、茎には下向きの縮れた毛があり、葉は三角状卵形で両面は毛で覆われ、裏面に腺点がある。タツナミソウに比べて花穂が短いのが特徴である。丘陵地に生え、本州、四国に分布する。[村田 源]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タツナミソウの関連キーワードタツナミソウ(立浪草)小羅生門シソ科雛杓子

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タツナミソウの関連情報