コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タムワース タムワースTamworth

4件 の用語解説(タムワースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タムワース
タムワース
Tamworth

イギリスイングランド中西部,スタッフォードシャー県南東部の都市。タムワース地区を構成する。バーミンガムの北東約 25km,テーム川とアンカー川の合流点に位置する。農業地帯およびかつての炭田地帯の商工業中心地で,石綿,織物,農業機械アルミニウム製品などの工場が立地する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

タムワース
タムワース
Tamworth

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州北東部,ニューカッスルの北 281kmにある都市。ニューイングランド,ウェスタンスロープ両地方の農牧業の中心地で,各種農牧加工,農業機械工業農業学校がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タムワース(Tamworth)

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州北東部の都市。シドニーの北西約450キロメートル、ニューイングランド地方に位置する。農業、酪農が盛んで、食品加工、農業機械の工場が立地。毎年1月にカントリーミュージックの音楽祭が催される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タムワース
たむわーす
Tamworth

オーストラリア、ニュー・サウス・ウェールズ州北東部の都市。シドニーの北西450キロメートル(道路距離)にある。人口3万5465(2001)。東部高地の西斜面、ニュー・イングランド地方南西端に位置する。同地方南部と西方の平原を控えた伝統的な地方中心都市で、周辺の小麦・ヒツジ・酪農地帯を後背地とする製粉、酪製品、農業機械などの工場がある。1834年入植、1946年市制施行。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タムワースの関連情報