コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラゴン タラゴン tarragon

翻訳|tarragon

6件 の用語解説(タラゴンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タラゴン(tarragon)

キク科ヨモギ属多年草シベリア原産。葉は芳香があり、タラゴンビネガーを作ったり、香味料としたりする。エストラゴン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タラゴン

エストラゴンとも。キク科の多年草。カスピ海沿岸の原産でヨモギに似ている。葉に独特な香気があり,サラダスープの香料にする。酢に浸出させたタラゴンビネガーは野鳥獣料理,エスカルゴ料理のくさみ消しに使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

タラゴン

 [Artemisia dracunculus].キク目キク科ヨモギ属のハーブ.料理に風味を与える目的で使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

たらごん【タラゴン】

ギリシャ語の「小さな龍」を語源とするタラゴンは、イギリスでの呼び名。フランスではエストラゴンと呼ばれ、食通の好むハーブとして広く料理に用いられています。また、民間薬としても、古くからヨーロッパ全土で、さまざまな病気に用いられてきました。
 タラゴンには、フレンチタラゴンとロシアンタラゴンの2種類があり、一般にハーブとして用いられるのは、香りの高いフレンチタラゴンのほう。日本古来のハーブであるヨモギとは、近縁種にあたります。
 タラゴンには、胃腸の働きを活発にさせる作用があり、食欲不振消化不良の症状をやわらげるのに役立ちます。
エスカルゴからデザートまで、幅広い用途に適応〉
○食品としての使い方
 青っぽく、やや甘ったるいような独特の香り。そして、ほろにがさにかすかな辛みと甘みが加わった味わいが、タラゴンの魅力です。
 フランス料理のエスカルゴには、タラゴンとニンニクのみじん切りを混ぜたバターをのせて焼きます。このほか、ローストチキン、たまご料理、クリームシチュー、さらにシャーベットにしたり、デザートの香り付けにも使われるなど、用途は多彩。また、これを酢に漬け込んだタラゴンビネガーをサラダドレッシングピクルスマヨネーズなどに用いると風味よく仕上がります。
 なお、タラゴンの香りは、あたたかいものに早くしみ込むため、使いすぎると修正がききません。料理の際は使用量に注意しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

大辞林 第三版の解説

タラゴン【tarragon】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タラゴン
たらごん
tarragon
[学]Artemisia dracunculus L.

キク科の多年草。南ヨーロッパからシベリア原産の香辛料植物。高さ0.6~1メートル。同じくキク科のヨモギと同属で、全体がヨモギに似るが、葉は線状披針(ひしん)形である。夏に緑白色の小花をつけるが、種子はまれにしかできず、繁殖は地下茎による。冬には地上部が枯れるが、温室で育てれば冬季でもよく茂り、葉がとれる。日本へは1915年(大正4)に渡来したが、夏の暑さに弱く栽培しにくく、見本的に植えられているにすぎない。[星川清親]

食品

タラゴンの栽培品種に2種あり、一つはフランス種タラゴンで、フランスではエストラゴンestragonとよばれ「本物のタラゴン」とされる。他の一つはロシア種タラゴンで、香りが弱い。葉を日陰干しにしたものが香辛料として食通に好まれる。甘草(かんぞう)、アニスに似た淡い芳香とほろ苦味が特徴で、鶏肉、シチメンチョウ、野鳥料理によくあい、トマトジュース、ツナサラダ、シチュー、フィッシュソースにも用いられる。フランスのカタツムリ料理のガーニッシュとしては欠かせない。また、ベアネーズ、タルタル、オーランデーズなどのソース類の風味づけによい。ワイン酢にタラゴンを浸漬(しんし)してつくったタラゴン酢は、サラダのドレッシング用として知られている。[齋藤 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタラゴンの言及

【エストラゴン】より

…エスカルゴを用いたフランスの料理によく用いられ,サラダやオムレツ,グラタンやソースなどの香辛料にも使用するため,ヨーロッパでは栽培されている。estragonはフランス語由来,英語ではまたタラゴンtarragonともいう。茎は直立し,高さ40~120cm,根茎は長く横にはう。…

※「タラゴン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タラゴンの関連キーワードエピゴーネンギリシャ語ギリシャ文字サナトロジーメルト濃縮元素オステオコラアガルマトライトオフィモットルド組織ドクセニックパークセニック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タラゴンの関連情報