コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルタロス タルタロスTartaros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルタロス
Tartaros

ギリシア神話で,地底の最も深いところにあるとされる暗黒界。ヘシオドス叙事詩『神統紀』では,世界の初めに,カオスに次いで,ガイアおよびエロスとともに生じたとされ,ガイアと交わり,怪物テュフォンをもうけたとされる。元来は冥府ハデスよりさらに下方にあるとされ,神々の敵が投げ入れられる牢獄で,ティタンらが幽閉されているとされていたが,次第に冥府そのものと混同され,悪人が死後罰を受ける地獄の呼び名としても用いられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タルタロス

ギリシア神話で大地の深奥にあるとされる冥界。原初にカオス(混沌)に次いでガイア(地)とともに生じたといわれる。ゼウスに敗れたティタン神族幽閉の場所。のち,ハデスと同一視された。
→関連項目地獄タンタロスティタノマキア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タルタロス【Tartaros】

ギリシア神話で地下にあるとされる冥界。ヘシオドスの宇宙生成神話によれば,原初にカオスにつづいて大地ガイアといっしょにその奥底に生じた。大地からはちょうど地上と天との距離だけ離れた下にある。青銅の門と塀に囲まれた陰湿な場所で,神々にも忌み嫌われた。ゼウスは打ち負かしたティタン神族をここに閉じ込めた。冥界としてはハデスの観念が有力になるにつれ,その最奥の一部とされたり,これと同一視されるにいたった。【辻村 誠三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

タルタロス【Tartaros】

ギリシャ神話で地下の最奥にあるとされた仕置きの地。冥府よりも下にあり、ティタン神族がオリュンポス神族との戦いに敗れてここに幽閉され、タンタロスなど罪人が落とされた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タルタロス
たるたろす
Tartaros

ギリシア神話の天地生成で、カオス(混沌(こんとん))から生じた地下のもっとも奥底にあたる部分の擬人化。また冥界(めいかい)においては極悪の重罪人が落とされるという底なしの奈落(ならく)。そのいちばん下の部分と冥界の支配者ハデスとの距離は、大地と天の間のそれと等しいという。キクロペスやティタンのような神々の権力争いの敗者とか、タンタロス、シシフォス、イクシオンのような神々への反逆者、あるいは冒涜者(ぼうとくしゃ)が落とされる牢獄(ろうごく)であった。ゼウスに背けばオリンポスの神々さえもここに投げ込まれるので、タルタロスは恐れられていた。しかし、時代が下ると冥界そのものと同一視されるようになった。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタルタロスの言及

【ギリシア神話】より


[宇宙の生成]
 幾種かの宇宙生成神話が伝えられるうちで,もっとも規範的なのはヘシオドスの語るもので,ここでは神々も宇宙も生まれ出てくるものと構想される。最初は空虚を意味するカオスが,ついでガイア(大地)とその奥底なるタルタロスが,さらにいわばいっさいの生成の根源力としてエロスが生じた。カオス(中性名詞)からは形なきものどものエレボスErebos(闇)とニュクスNyx(夜)とが,そして夜から輝く上天の気アイテルAithērとヘメラHēmera(昼)とが生まれる。…

【地獄】より

…それは地下に想定される暗い場所であるが,むしろヘブライ語のシェオールに匹敵する語であって,苛責の獄を意味するものではない。また,《ペテロの第2の手紙》2章4節には,〈神は,罪を犯した御使たちを許しておかないで,彼らを下界におとしいれ,さばきの時まで暗やみの穴に閉じ込めておかれた〉とあるが,この堕落天使たちの住居である〈暗やみの穴〉の原語はタルタロス(神の名でもある)で,ホメロスはこれをハデスよりもさらに下方に設定している。すなわちゼウスがティタンたちを閉じ込めた場所である。…

【ハデス】より

… 古代ギリシア人の考えによれば,死者の亡霊はまずヘルメスによって冥界の入口にまで導かれ,ついで生者と死者の国の境の川ステュクスまたはアケロンを渡し守の老人カロンに渡されたあと,三つ頭の猛犬ケルベロスの番するハデスの館で,ミノス,ラダマンテュス,アイアコスの3判官に生前の所業について裁きを受ける。その結果,多くの亡霊はアスフォデロス(不花)の咲きみだれる野にさまようことになるが,神々の恩寵めでたき英雄や正義の人士はエリュシオンの野(古い伝承では,はるか西方の地の果て,のちに冥界の一部と考えられた)に送られて至福の生を営む一方,シシュフォスやタンタロスのごとき極悪人はタルタロスなる奈落へ押しこめられ,そこで永遠の責め苦にあうものと想像された。【水谷 智洋】。…

※「タルタロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タルタロスの関連キーワード世界の神話にみる万象の起源オリオン(ギリシア神話)縛られたプロメテウスフランク ティリエヘカトンケイルギリシャ神話ギリシア神話天地創造神話プロメテウスティフォンイクシオンギガンテスエリニュス至福者の島イアペトスウラノスエレボスエキドナクロノス仕置き

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android