タルバガン(英語表記)Marmota bobak; bobak marmot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルバガン
Marmota bobak; bobak marmot

ボバクマーモットともいう。タルバガンは蒙古語。齧歯目リス科。体長 50cm内外。胴は太く,四肢は短く,爪はがんじょうである。頭部は暗褐色,背面は黄褐色,腹面は淡黄褐色。毛皮はテンに似てすぐれ,肉は食用になる。ロシア南部,モンゴル,中国東北部,チベットなどの草原に群生して穴居し,冬眠する。腺ペストを媒介するノミの宿主となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タルバガン(talbaghan)

リス科の哺乳類。マーモットの仲間。体長約50センチ。四肢は太くて短い。モンゴルの草原にすみ、地中に巣穴をつくる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タルバガン

タルバハン,ボバックとも。齧歯(げっし)目リス科の哺乳(ほにゅう)類。体長50cm,尾10cmほど。体色はヨーロッパにすむものは赤褐色,アジアのものは明るい麦茶色。ポーランド〜ロシア,中央アジア,中国東北部などに分布。乾燥した草原などに家族群ですむ。9〜4月ころまで深い穴に入り冬眠する。毛皮は優良だが,本種に寄生するノミがペスト菌を保有するといわれる。ヨーロッパに近縁種マーモットがすむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タルバガン
たるばがん
steppe marmotbobac
[学]Marmota bobak

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目リス科の動物。マーモットの1種で、ネパール、シッキム、カシミール、ラダックの標高4000~5000メートルの山地に生息する。体長60センチメートル、尾長13センチメートル。地中に大規模な巣穴を掘り、群れで生活する。[今泉吉晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタルバガンの言及

【ボバック】より

…別名,タルバハン,タルバガン(tarbagan)。齧歯(げつし)目リス科の哺乳類。…

※「タルバガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android