コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タロー タローtallow

翻訳|tallow

4件 の用語解説(タローの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タロー
タロー
tallow

牛,羊の脂肪を融解し,精製固形化したもの。豚の脂肪などに比べて,融点が 40℃以上と高く固い。加工変性させてマーガリンとして食用にするほか,石鹸,グリセリンろうそくなどの原料とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

タロー

株式会社北海道銀行キャラクター北海太郎」の愛称。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タロー【tallow】

ウシまたはヒツジの脂肪組織からレンダリング法(加熱して脂肪を融出させること。普通は間接蒸気によるドライレンダリング法を用いる)によって製造した脂肪のことで,ウシからのものをビーフタローbeef tallow(牛脂),ヒツジからのものをマトンタローmutton tallow(羊脂)という。普通タローといえば牛脂をいう。アメリカカナダオーストラリアが著名な産地である。タローの融点は40~46℃で,脂肪酸組成はラウリン酸0.2%以下,ミリスチン酸2~8%,パルミチン酸24~37%,ステアリン酸14~29%,オレイン酸40~50%,リノール酸1~5%でヨウ素価は35~48である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タローの関連情報