コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タロー tallow

翻訳|tallow

世界大百科事典 第2版の解説

タロー【tallow】

ウシまたはヒツジの脂肪組織からレンダリング法(加熱して脂肪を融出させること。普通は間接蒸気によるドライレンダリング法を用いる)によって製造した脂肪のことで,ウシからのものをビーフタローbeef tallow(牛脂),ヒツジからのものをマトンタローmutton tallow(羊脂)という。普通タローといえば牛脂をいう。アメリカ,カナダ,オーストラリアが著名な産地である。タローの融点は40~46℃で,脂肪酸組成はラウリン酸0.2%以下,ミリスチン酸2~8%,パルミチン酸24~37%,ステアリン酸14~29%,オレイン酸40~50%,リノール酸1~5%でヨウ素価は35~48である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

タローの関連キーワード会社物語 MEMORIES OF YOUサンタロール(データノート)クリード チャンプを継ぐ男コータローまかりとおる!ロッキー5/最後のドラマロッキー・ザ・ファイナル国際データローミングビャクダン(白檀)油もしも、学校が…!?ジェローム タローステイン・アライブアストロガンガー新潟県燕市井土巻ジャン タローペンタコプターナイトホークス山本コウタローキダ・タローサンタロール平川 ジロー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タローの関連情報