コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンカ thaṅ‐ka

世界大百科事典 第2版の解説

タンカ【thaṅ‐ka】

チベットを中心とするラマ教文化圏で用いられる掛幅装の仏画。タンクthaṅ‐skuともいう。堂内に掛けて礼拝対象とする一方,僧侶が村々を持ち歩いて宗教儀礼本尊としたり,絵の内容を講釈したりした。おそらくインドのパタpaṭa(絹絵)に起源し,チベットでは10世紀ごろには描かれるようになった。現存するものは17世紀以後のものが多く,現在でも描き続けられている。その作風は,古くは東インドのベンガル地方やネパールの様式,またカシミール様式の影響を受け,後には中央アジアさらには中国様式の流入をみた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

タンカの関連キーワードサンクト・ペテルブルグ・ボリショイ・ドラマ劇場玉川 勝太郎(3代目)ウィリアム ストッブスJX日鉱日石タンカーシッティング・ブルシェレメチェフ宮殿スーパー・タンカーワールドスケールケミカルタンカーペルボウラリスクツタンクアーメンオイルタンカーアニチコフ橋穀物タンカー黄色短角針蠅チベット美術南種子[町]勝平ともこ内航油送船ヤドリバエ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タンカの関連情報