コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンカ thaṅ‐ka

1件 の用語解説(タンカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タンカ【thaṅ‐ka】

チベットを中心とするラマ教文化圏で用いられる掛幅装の仏画。タンクthaṅ‐skuともいう。堂内に掛けて礼拝対象とする一方,僧侶が村々を持ち歩いて宗教儀礼の本尊としたり,絵の内容を講釈したりした。おそらくインドのパタpaṭa(絹絵)に起源し,チベットでは10世紀ごろには描かれるようになった。現存するものは17世紀以後のものが多く,現在でも描き続けられている。その作風は,古くは東インドベンガル地方やネパールの様式,またカシミール様式の影響を受け,後には中央アジアさらには中国様式の流入をみた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タンカの関連キーワードチベット語チベット高原チベット文字ラマ教チベット高気圧支那チベット諸語喇嘛青海チベット鉄道チベット種 (Tibet)チベット占星術

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タンカの関連情報