コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンキリマメ(痰切豆) タンキリマメRhynchosia volubilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンキリマメ(痰切豆)
タンキリマメ
Rhynchosia volubilis

マメ科のつる性多年草。日本の暖地から,朝鮮半島,台湾,中国,フィリピンにかけて分布する。関東以西の各地の山野に多い。茎はつる状で長く伸びて他物にからみつき,葉とともに褐色の毛でおおわれる。葉は3出複葉で特に下面に毛が多い。小葉卵円形で長さ,幅ともに3~5cmである。夏に,葉腋に短い総状花序をなして黄色の蝶形花を 10~20個つける。莢の表面はなめらかであるが縁には毛があり,2個の黒色の種子を生じる。和名は,本種の豆を食べると痰が止るという意味である。ごく近縁の種にトキリマメ (オオバタンキリマメ) R. acuminatifoliaがあり,タンキリマメに比べて小葉がやや大きく毛が少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android