コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンキリマメ

3件 の用語解説(タンキリマメの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タンキリマメ

トキリマメ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タンキリマメ【Rhynchosia volubilis Lour.】

海岸や平地から低山地の草原,林縁などでみられるつる性のマメ科の多年草イラスト)。種子,果実,葉を薬用にし,痰を止めたことから,痰切豆と呼ばれたといわれる。葉の裏面や萼に,黄褐色の腺点が多数ある。茎には下向きの短い黄褐色毛が密生している。葉は3小葉をもつ複葉で,互生する。頂小葉は倒卵形で長さは3~6cm,幅は2~5cmあり,先は円く,裏面には腺点と共に密に黄褐色の毛がある。花期は7~10月。短い花穂に5~20個の蝶形花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンキリマメ
たんきりまめ / 痰切豆
[学]Rhynchosia volubilis Lour.

マメ科のつる性多年草。日本(関東地方以西)のほか、朝鮮半島、中国、フィリピンの山野に分布する。茎はつる状となり、全体に黄褐色の短い軟毛を密生する。葉は互生し、長い柄のある3出複葉となる。小葉は長さ3~5センチメートル、幅2.5~4センチメートルの倒卵形で厚く、下面に腺点(せんてん)があり、短い小柄をもつ。7~9月、葉腋(ようえき)に長さ2~4センチメートルの総状花序を出し、長さ8~10ミリメートルの黄色の蝶形花(ちょうけいか)を開く。旗(き)弁は幅広くて直立し、翼(よく)弁と舟(ふな)弁は細長い。萼(がく)の先端は5裂するが、下側の裂片がとくに長く、毛と腺点をもつ。秋に豆果は赤く熟し(長さ1.5センチメートル、幅1センチメートル)、中に2個の黒色種子をもつ。[長沢元夫]

薬用

日本では、民間的に1日15~30グラムの種子を煎(せん)じて咳(せき)止めに用いる。タンキリマメの名は、こうした療法で痰(たん)の切れがよくなることに由来する。タンキリマメを漢名では鹿(ろっかく)、鹿豆(ろくず)、野緑豆(やりょくず)といい、葉を凉血(りょうけつ)、解毒、鎮痛剤として頭痛、腹痛、腰痛、産褥(さんじょく)熱、るいれき、腫(は)れ物などの治療に用いる。また、根は小児の疳積(かんしゃく)のほか、月経痛、るいれきなどの治療に用いる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タンキリマメの関連キーワード草原小米草塩屋蜻蛉田村草低山帯平地森薊山雀頬赤山藺

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone