コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウテンダイ Dauthendey, Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウテンダイ
Dauthendey, Max

[生]1867.7.25. ウュルツブルク
[没]1918.8.29. マラン
ドイツの小説家,詩人。世界各地を旅行,日本も訪れた。 1914年再び世界旅行を試みたが,第1次世界大戦に際会,ジャワで抑留,病死した。一時期ゲオルゲ派に属し,『紫外線』 Ultra-Violett (1893) など多くの抒情詩がある。その繊細な感情を魅惑したのはエキゾチックな地方で,『アジア短編集』 Lingam. Die asiatischen Novellen (1909) や『琵琶湖八景』 Die acht Gesichter am Biwasee (11) ,メキシコを舞台とした小説『猛人』 Raubmenschen (11) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダウテンダイ【Max Dauthendey】

1867‐1918
ドイツの詩人。写真師の子として生まれ,ゲオルゲ派風の厳格な形式の抒情詩で出発,のち印象主義的な,柔らかい律動的な散文へ移る。生涯ロマン主義的な憧れに駆られて世界各地を放浪,ジャワで客死した。とりわけアジアの生活と芸術に感銘を受け,愛と自然と美を主題に異国情趣あふれる神秘的な世界を描いた。特に色彩表現にすぐれている。日本も訪れ,短編集《琵琶湖八景》(1911)がある。【石丸 昭二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダウテンダイ
だうてんだい
Max Dauthendey
(1867―1918)

ドイツの詩人、小説家、画家。青年時代には詩人シュテファン・ゲオルゲの影響を受け、印象主義的叙情詩を書く。1907年以後世界周遊の旅に出て、異国の風物に取材した短編小説を手がける。日本の物語や歴史、あるいは同時代のできごと、たとえばロシア皇太子暗殺未遂事件、いわゆる大津事件を脚色した幻想的な短編集『琵琶(びわ)湖八景』(1911)がよく知られている。[金森誠也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダウテンダイの関連キーワード新ロマン主義ドーテンダイ7月25日芸術草紙

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android