ダゲール(読み)だげーる(英語表記)Louis Jacques Mandé Daguerre

日本大百科全書(ニッポニカ)「ダゲール」の解説

ダゲール
だげーる
Louis Jacques Mandé Daguerre
(1787―1851)

写真の発明者として知られるフランスの画家兼興行師。パリ郊外に生まれ、建築、絵画を学んだのち、パリ・オペラ座の舞台美術画家を経て、1822年にパリで、翌1823年ロンドンジオラマ館(人工的な照明の操作で景観が変化する大掛りな風景画の見せ物)を開業する。ジオラマに用いる風景画をカメラ・オブスキュラで描いていたが、その画像を手書きではなく化学的に定着することを思い立ち研究に着手(1824)。1829年、やはり光学像の定着を研究していたニエプスと提携し、ニエプスが創意したヘリオグラフィーを改良、彼の死後、銀めっき銅板に沃化(ようか)銀を作用させ露光を与え、それを水銀蒸気で現像し食塩水で定着する、いわゆる銀板写真術を1837年に完成、自らの名を冠してダゲレオタイプと命名した。だが商品化の資力がなく、1839年、科学者にして政治家のアラゴを介し、年金と引き換えに学士院でその技術内容を公開した。これが実用的な写真術の始まりである。

[平木 収]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ダゲール」の解説

ダゲール

フランスの写真家,発明家。パリ生れ。オペラ座の装飾画家のもとで働く。当時盛んだったパノラマ館のために風景画を描いていたが,パノラマに照明をあてた〈ジオラマ〉を発案し,1822年パリにジオラマ館を開館。ジオラマ用の絵を描くためにカメラ・オブスクラの原理を利用,さらに投影した映像を留めるために写真の研究を始める。1829年,当時すでに感光剤料を使って像を支持体に定着する方法に成功していた発明家のニエプスと,写真術の共同研究を行う契約を結ぶ。ニエプスの死後,1831年にヨウ化銀で感光性をもたせた銅板をカメラに装着して露光し,水銀蒸気で現像する写真術を開発,ダゲレオタイプと呼んだ。この技術は1839年フランス学士院で発表された。フランス政府は生涯年金と引換えにこの技術をダゲールから買い取り,技術公開したために,ダゲレオタイプの技法は世界中に広まった。
→関連項目写真

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ダゲール」の解説

ダゲール
Daguerre, Louis-Jacques-Mandé

[生]1789.11.18. コルメイユ
[]1851.7.10. ブリシュルマルヌ
フランスの画家,物理学者銀板写真法の開発で知られる。初め税務署の役人をしていたが,やがてオペラの背景画家となり,のち当時流行した見せ物であるディオラマ館をパリ,ロンドンに開設した。 1829年,J.ニエプスと共同で写真の研究に着手し,10年後,科学アカデミーに,ヨウ化銀を被膜した銅板を露光したのち,水銀蒸気を当てて食塩水で固定するという,画期的な写真法を発表した。このいわゆるダゲレオタイプ写真法によって従来の写真に比べてはるかに露光時間が短縮された。この功績によってレジオン・ドヌール勲章および年金を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ダゲール」の解説

ダゲール

(Louis-Jacques Mandé Daguerre ルイ=ジャック=マンデ━) フランスの画家・発明家。近代写真術の祖。オペラの背景画家であったが、化学者ニエプスと協力して、銀板写真法を研究。ニエプスの死後、一八三九年、最初の実用的写真法ダゲレオ‐タイプを発表した。(一七八七‐一八五一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「ダゲール」の解説

ダゲール
Louis Jacques Mandé Daguerre

1789〜1851
フランスの画家,写真法の発明家
ニエプス(Niepce)とともに銀板写真法を完成(1839),翌年公開した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「ダゲール」の解説

ダゲール【Louis Jacques Mandé Daguerre】

1787‐1851
写真の発明者。フランスのコルメイユに生まれ,風景画家として名声を博した。生来発明精神旺盛で絵画を色光で照明するジオラマを考案し,1822年パリに興行館を開設して大成功を収めた。一方,ジオラマの絵を描くのに使うカメラ・オブスキュラの焦点ガラスに写る像を感光物質でとらえて記録することを研究し,ついに銀板写真(ダゲレオタイプ)を完成して,39年1月,研究成果をフランス議会に報告した。この写真の発明は同年8月D.F.J.アラゴーによってフランス学士院におけるアカデミー・デ・シアンスとアカデミー・デ・ボザールの合同会議の席上で公表された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のダゲールの言及

【カメラ】より

…これが世界最初の写真といわれ,ここにおいてカメラ・オブスキュラはカメラ(写真機)としての第一歩を踏み出し,以後の発展は感光材料の進歩と密接な関連をもっている。L.J.M.ダゲールがいわゆる銀板写真(ダゲレオタイプ)に成功したのが39年であり,露出時間は30分と大幅に短縮され,D.F.J.アラゴーが宣伝に努めたこともあって人気を博した。ただし彼の用いたレンズはF15~17と暗く,焦点距離は38cmであった(FはF数)。…

【写真】より

…その開発には当時の化学者や発明家がさまざまな動機のもとに取り組んでいた。銀板写真(ダゲレオタイプ)の発明者L.J.M.ダゲールは,もともと画家でありオペラの背景等のディオラマの作家でもあった。彼の絵はこの時代にふさわしく,きわめて客観的・自然主義的な作風であり,またディオラマも当然のことながら現実再現的な味わいの濃い巧みなもので,どちらも高い社会的な評価を得ていた。…

【メロドラマ】より

…19世紀初頭の劇場は,いずれもこぞって幻想的な大がかりな装置を飾り,背景画家や道具方は俳優同様重要な存在になっていく。ピクセレクールの代表作《バビロンの廃墟》のティグリス川を背景にした巨大な王宮のセットは,ジャン・ピエール・アローJean‐Pierre Alauxの作で評判となったし,あるいはベスビアス火山の爆発を表現したJ.ダゲール(のちの写真のダゲレオタイプの発明者)などの装置家による視覚的要素での貢献は,地方色・時代色を尊重するのちのロマン派演劇の傾向をも促進したのであった。 今日では,メロドラマのさし示す意味合いはさらに変容し,一般に波乱に富む男女の通俗的恋愛劇をさすようになっている。…

※「ダゲール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android