コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダヤーナンダ・サラスバティー ダヤーナンダ・サラスバティー Dayānanda Sarasvatī

3件 の用語解説(ダヤーナンダ・サラスバティーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダヤーナンダ・サラスバティー
ダヤーナンダ・サラスバティー
Dayānanda Sarasvatī

[生]1824
[没]1883
インド宗教改革者。本名 Mūl Shankar。バラモンの家に生まれ,幼少からベーダサンスクリット語を修めた。 22歳のとき出家し,シャンカラ派の行者としてヒンドゥー教の聖地を遍歴し,ベーダの研究とヨーガの修行をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダヤーナンダ・サラスバティー

近代インドの宗教改革者。ヨーガ修行者であったが,当時のヒンドゥー教が堕落しているのを攻撃し,ベーダに帰れと主張。1875年には宗教改革運動団体であるアーリヤ・サマージ(協会)を設立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダヤーナンダ・サラスバティー
だやーなんださらすばてぃー
Daynanda Sarasvat
(1824―1883)

近代インドの宗教改革者。本名はムール・シャンカルMl Shankar。カーティアワール地方のバラモンの家に生まれ、幼時よりベーダ聖典を学ぶ。22歳のとき出家遊行(ゆぎょう)者となりインドの聖地を遍歴、1848年にはヨーガ行者のパラマーナンダと出会ってこれに師事した。彼は当時のヒンドゥー教の堕落を攻撃し、ベーダ聖典こそが真理の書であるとして、「ベーダに帰れ!」と主張した。のち、75年にアーリヤ・サマージを創設し、生涯を伝道活動に送った。[増原良彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダヤーナンダ・サラスバティーの関連キーワード階乗NエヌN末端残基Bel Geddes,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone