コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダヤーナンダ・サラスバティー Dayānanda Sarasvatī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダヤーナンダ・サラスバティー
Dayānanda Sarasvatī

[生]1824
[没]1883
インドの宗教改革者。本名 Mūl Shankar。バラモンの家に生まれ,幼少からベーダやサンスクリット語を修めた。 22歳のとき出家し,シャンカラ派の行者としてヒンドゥー教の聖地を遍歴し,ベーダの研究とヨーガの修行をした。 1875年ボンベイでアーリア・サマージを創設し,インドの諸宗教の因習や欠陥を指摘し,ヒンドゥー思想をベーダの純粋な教養と初源の思想に戻すことを主張した。アーリア・サマージは社会改革や教育の普及などに貢献し,社会的,政治的に大きな影響を及ぼした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ダヤーナンダ・サラスバティー

近代インドの宗教改革者。ヨーガ修行者であったが,当時のヒンドゥー教が堕落しているのを攻撃し,ベーダに帰れと主張。1875年には宗教改革運動団体であるアーリヤ・サマージ(協会)を設立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダヤーナンダ・サラスバティー
だやーなんださらすばてぃー
Daynanda Sarasvat
(1824―1883)

近代インドの宗教改革者。本名はムール・シャンカルMl Shankar。カーティアワール地方のバラモンの家に生まれ、幼時よりベーダ聖典を学ぶ。22歳のとき出家遊行(ゆぎょう)者となりインドの聖地を遍歴、1848年にはヨーガ行者のパラマーナンダと出会ってこれに師事した。彼は当時のヒンドゥー教の堕落を攻撃し、ベーダ聖典こそが真理の書であるとして、「ベーダに帰れ!」と主張した。のち、75年にアーリヤ・サマージを創設し、生涯を伝道活動に送った。[増原良彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダヤーナンダ・サラスバティーの関連キーワードアーリヤ・サマージサンスクリット語

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android