コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンビル ダンビルD'Anville, Jean-Baptiste Bourguignon

4件 の用語解説(ダンビルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンビル
ダンビル
D'Anville, Jean-Baptiste Bourguignon

[生]1697.7.11. パリ
[没]1782.1.28. パリ
フランスの地図学者。 G.ドリーユの後継者となって,新しい測量と資料から地図製作の改革に尽した。中国 (1735) ,イタリア (43) ,アフリカ (49) ,アジア (51) ,インド (52) ほか多数の地図と論文を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ダンビル
ダンビル
Danville

アメリカ合衆国,イリノイ州東部の都市。インディアナ州境西方約 6km,バーミリオン川の南北支流の合流点に位置する。地名は初期の開拓者ダン・ベックウィズの名に由来。かつてのインディアンの集落で,岩塩の発見を契機に白人移民による開拓が進められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ダンビル
ダンビル
Danville

アメリカ合衆国,バージニア州中南部の都市。ノースカロライナ州境付近のブルーリッジ山脈東麓にあり,ダン川瀑布を利用した水力発電の中心地。 1728年入植,1870年市制。付近はタバコ栽培が盛んで,アメリカ最大の葉タバコ取引所がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンビル
だんびる
Jean-Baptiste Bourguignon d'Anville
(1697―1782)

フランスの地理学者。パリに生まれる。22歳で王室陸地測量部の技師に就任。1727年アフリカ地図、続いてシナ地図を完成。18世紀一の精密かつ正確な手腕をうたわれる。1772年科学アカデミーの会員となる。1774年『イタリアの地理的分析』を著し、地図の制作法に関し独自の理論を展開。生涯に211枚の地図を作製した。晩年の著『古代地誌』は、1815年までに十数か国で翻訳され、近代地理学の祖師の一人とみなされている。[金澤 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダンビルの関連キーワードドンM召喚強姦罪死刑召喚宮崎安貞元禄の大火宮崎安貞ポーランド史ロシア議会

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダンビルの関連情報