コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェサピーク湾 チェサピークわん Chesapeake Bay

5件 の用語解説(チェサピーク湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェサピーク湾
チェサピークわん
Chesapeake Bay

アメリカ合衆国の大西洋岸にある最大の湾入。長さ約 311km,幅5~40km。サスケハナ川とその支流の下流域の沈降により形成された。湾の南西部はバージニア州に,北部はメリーランド州に接する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チェサピーク‐わん【チェサピーク湾】

Chesapeake》米国、大西洋岸中部にある湾。南北に長く、メリーランドバージニア両州に囲まれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チェサピーク湾【チェサピークわん】

米国,大西洋岸中部の巨大な溺れ谷(おぼれだに)。奥行約320km,幅約5〜50km。サスケハナ川,ポトマック川が流入。カキの養殖が盛ん。湾奥からデラウェア湾に通ずるチェサピーク・デラウェア運河(23km,1829年完成),湾中央部にかかるチェサピーク・ベイ・ブリッジ(6.9km,1952年完成),橋と海底トンネル(1661m)を組み合わせ,湾口のバージニアノーフォークチャールズ岬を結ぶチェサピーク・ベイ・ブリッジ・トンネル(28km,1964年完成)がある。
→関連項目メリーランド[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チェサピークわん【チェサピーク湾 Chesapeake Bay】

アメリカ合衆国,大西洋沿岸の湾。長さ約320km,幅約5~50km。本土とデルマーバ半島の間にほぼ南北に延びている。湾はサスケハナ川の河口が沈降した部分であり,ポトマック川,ラッパハノック川,ジェームズ川などが注いでいる。本土のヘンリー岬とデルマーバ半島のチャールズ岬の間が湾の入口になり,アメリカ合衆国大西洋岸沿いの内湾水路の重要な部分を占める。チェサピーク湾の奥のチェサピーク・デラウェア運河でデラウェア川と結ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チェサピークわん【チェサピーク湾】

〔Chesapeake〕 アメリカ合衆国、大西洋岸の湾。メリーランド・バージニア両州に囲まれる。ボルティモアやアナポリスなどの港市がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェサピーク湾の関連キーワード溺れ谷溺れ死に溺れる策士策に溺れる空おぼれ溺れた巨人溺れるアヒル溺れる人魚溺れる人世界の3大漁場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェサピーク湾の関連情報