コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェサピーク湾 チェサピークわんChesapeake Bay

5件 の用語解説(チェサピーク湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェサピーク湾
チェサピークわん
Chesapeake Bay

アメリカ合衆国の大西洋岸にある最大の湾入。長さ約 311km,幅5~40km。サスケハナ川とその支流の下流域の沈降により形成された。湾の南西部はバージニア州に,北部はメリーランド州に接する。湾口は,北のチャールズ岬と南のヘンリー岬で形成される。東岸は複雑な海岸線をもち,西岸は直線的な崖をなす。湾奥にはボルティモア港,湾口に近いジェームズ川河口にはノーフォーク港があり,デラウェア湾とは湾奥のチェサピーク-デラウェア運河で結ばれている。静かな入江を利用してカキ,カニ漁業が行われていたが,1970年代から湾内の汚染により衰退し,80年代以降はレクリエーションに利用されている。 1964年南のノーフォークと対岸のチャールズ岬が橋と海底トンネルで結ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チェサピーク湾【チェサピークわん】

米国,大西洋岸中部の巨大な溺れ谷(おぼれだに)。奥行約320km,幅約5〜50km。サスケハナ川,ポトマック川が流入。カキの養殖が盛ん。湾奥からデラウェア湾に通ずるチェサピーク・デラウェア運河(23km,1829年完成),湾中央部にかかるチェサピーク・ベイ・ブリッジ(6.9km,1952年完成),橋と海底トンネル(1661m)を組み合わせ,湾口のバージニア州ノーフォークとチャールズ岬を結ぶチェサピーク・ベイ・ブリッジ・トンネル(28km,1964年完成)がある。
→関連項目メリーランド[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェサピークわん【チェサピーク湾 Chesapeake Bay】

アメリカ合衆国,大西洋沿岸の湾。長さ約320km,幅約5~50km。本土とデルマーバ半島の間にほぼ南北に延びている。湾はサスケハナ川の河口が沈降した部分であり,ポトマック川,ラッパハノック川,ジェームズ川などが注いでいる。本土のヘンリー岬とデルマーバ半島のチャールズ岬の間が湾の入口になり,アメリカ合衆国大西洋岸沿いの内湾水路の重要な部分を占める。チェサピーク湾の奥のチェサピーク・デラウェア運河でデラウェア川と結ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チェサピークわん【チェサピーク湾】

〔Chesapeake〕 アメリカ合衆国、大西洋岸の湾。メリーランド・バージニア両州に囲まれる。ボルティモアやアナポリスなどの港市がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェサピーク湾の関連情報