コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェザルピーノ Cesalpino, Andrea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェザルピーノ
Cesalpino, Andrea

[生]1519.6.6. アレッツォ
[没]1603.2.23. ローマ
イタリアの博物学者,医者。ピサ大学,パドバ大学に学び,32歳で医学士となる。ピサの植物園長をつとめ,ピサ大学薬物学教授 (1563) ,ローマ大学教授 (92) 。教皇クレメンス8世の侍医もつとめる。従来のテオフラストス流の分類 (木本,草本の区別が中心) や効用に基づく分類に加えて,植物の繁殖機能を重視して,分類の基準形質として果実と種子を中心に据え,花冠,幹,根の形態を考慮して 15綱に大別するという画期的な分類法を提唱した。彼の分類原理は,のちの R.モリソン,J.レイなどに受継がれ,C.リンネにも影響を与えた。主著に『植物論』 De plantis libri XVI (83) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェザルピーノ【Andrea Cesalpino】

1519‐1603
イタリアの医学・哲学・生物学者。アレッツォに生まれ,ピサ大学に学び,1551年に医師となった。ピサ大学の医学教授についで,植物学教授となり,植物園長を兼ねた。92年教皇クレメンス8世の侍医として招かれ,ローマの〈学府〉(現,ローマ大学)教授となる。著書《逍遥学派の諸問題》(1571),《医学の諸問題》(1593)のなかに,W.ハーベーの血液循環説の前駆となるつぎの記載がある。〈血液は心臓の収縮で,左室から大動脈肺動脈に流れ,拡張で大静脈肺静脈から右室に流れ込む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェザルピーノ
ちぇざるぴーの
Andrea Cesalpino
(1519―1603)

イタリアの医学者、植物学者。アレッツォに生まれ、ピサで医学、哲学を修め、のちピサの大学の薬学教授および植物園長となる。晩年にはローマ法王クレメンス8世の侍医を務める。植物学上の主著『植物について』全16巻(1583)では、花と果実を重視した分類体系を提唱し、後の人為分類の大成者リンネに影響を与えた。また、医学の研究では、血液は右の心臓から肺に行き、肺から左の心臓へ運ばれるとし、このプロセスに「循環」という語を用いた。そのため彼はハーベーに先だって血液の循環を発見したといわれることもあるが、この説はガレノスに反対する立場で説いたもので実験的根拠をもつものではない。[真船和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチェザルピーノの言及

【本草学】より

…P.ディオスコリデスの《薬物誌De materia medica》には約600種の植物とその用法が記され,1世紀に公にされてから長いあいだ植物薬学の基準となっていた。その後,13世紀のアルベルトゥス・マグヌスの《植物論De vegetabilibus》を除けばめぼしい業績はなかったが,16世紀に至ってディオスコリデスの追加訂正の形でブルンフェルスO.Brunfels,フックスL.Fuchs,クルシウスC.de Clusiusらの植物の図解が次々と世に出たほか,16世紀末にはA.チェザルピーノの《植物学De plantis libri》がまとめられた。コルドゥスV.CordusやボーアンG.Bauhinらが薬物学としての植物学を大成させていくのと並行して,17世紀末から18世紀初頭にかけて,レイJ.RayやトゥルヌフォールJ.P.de Tournefortが種や属の概念を確立し,18世紀のリンネによる近代植物学への基礎固めが始められることになる。…

※「チェザルピーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チェザルピーノの関連キーワード6月6日

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android