コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェスキークルムロフ Český Krumlov

デジタル大辞泉の解説

チェスキー‐クルムロフ(Český Krumlov)

チェコ、プラハの南約140キロメートルにある都市。13世紀に領主の城館が築かれたことに始まり、14世紀から16世紀にかけて繁栄。ルネサンス様式やバロック様式などの融合した町並みや、13世紀に建てられたチェスキークルムロフ城などが現在も残る。1992年に、「チェスキークルムロフ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産情報の解説

チェスキークルムロフ

南ボヘミヤのオーストリアに近い場所にチェスキークルムロフがあります。中世からルネサンスにかけての街並みがそのまま残っており、世界文化遺産にも登録された世界有数の美しい歴史的都市です。町の中心にそびえる城がチェスキークルムロフ城。建てられたのは13世紀後半で、その後ルネサンス様式に改築。17〜18世紀にはバロック様式の建物も付け加えられ、それぞれの時代の様式が見事に調和する美しい城となりました。城の塔から見る緑に囲まれた町の風景はとても美しく、庭園や地下の洞窟を利用したギャラリーも見どころです。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

チェスキークルムロフの関連キーワードマツコ・デラックスウエルター級簡易裁判所スーパーライト級池田あやこ東洲斎写楽赤ちゃんの世話高血圧症蔵の華F層

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android