コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェスキー・クルムロフ チェスキークルムロフ

2件 の用語解説(チェスキー・クルムロフの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

チェスキー・クルムロフ

チェコ南部のボヘミア地方,ブルタバ川沿いにある町。13世紀に南ボヘミアの大地主ビテーク家がこの地に城を建造して町ができた。14−16世紀にはローザンブルク家が支配し,プラハ城に次ぐチェコ第2の規模のクルムロフ城,聖ビータ教会などが建てられ,貿易や工芸により町は発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェスキー・クルムロフ
ちぇすきーくるむろふ
esk Krumlov

チェコのボヘミア地方南部、オーストリアドイツとの国境近くの町。人口1万4600(2003推計)。13世紀以降、ロズンベルク家の巨大な封建領地の中心地として発展した。町全体がゴシックルネサンスバロック様式の建築物が保存された貴重な歴史記念物であり、1992年に世界遺産文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。湾曲して流れるブルタバ川に囲まれた町の中心部には、ゴシック様式聖ビート教会、バロック様式の聖ネポムツキー教会、15世紀から16世紀のルネサンス期の町並みが保存されている。左岸の城は、ボヘミアではプラハ城に次ぐ規模を誇り、ゴシック以降の諸様式をもつ建築物の集合体となっている。18世紀中ごろにシュバルツェンベルク家が領地を受け継いだ後、城には「仮面の間」などバロック様式の新しい要素が付け加えられた。国境が閉ざされていた冷戦期には辺境の町となり、歴史的建造物も放置されていたが、1989年以降大規模な修復が行われ、歴史遺産を生かした観光都市として注目を集めている。また、シュマバ山地(ボヘミアの森)への観光の基地ともなっている。[中田瑞穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェスキー・クルムロフの関連キーワード網地島小沼プラハの春テルチカルルシュテイン城コノピシュチェ城チェスキーシュテルンベルク城ヤイロ2キロメートルビーチラン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェスキー・クルムロフの関連情報