コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェスキー・クルムロフ チェスキークルムロフ

百科事典マイペディアの解説

チェスキー・クルムロフ

チェコ南部のボヘミア地方,ブルタバ川沿いにある町。13世紀に南ボヘミアの大地主ビテーク家がこの地に城を建造して町ができた。14−16世紀にはローザンブルク家が支配し,プラハ城に次ぐチェコ第2の規模のクルムロフ城,聖ビータ教会などが建てられ,貿易や工芸により町は発展。15世紀には銀鉱山が発見され,同世紀末には王領となった。その後,オーストリア,ドイツに支配されたが,町にはゴシックルネサンスバロック様式の建物が立ち並び,18世紀そのままの外観を保っている。歴史地区は1992年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェスキー・クルムロフ
ちぇすきーくるむろふ
esk Krumlov

チェコのボヘミア地方南部、オーストリアとドイツとの国境近くの町。人口1万4600(2003推計)。13世紀以降、ロズンベルク家の巨大な封建領地の中心地として発展した。町全体がゴシック、ルネサンス、バロック様式の建築物が保存された貴重な歴史記念物であり、1992年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。湾曲して流れるブルタバ川に囲まれた町の中心部には、ゴシック様式の聖ビート教会、バロック様式の聖ネポムツキー教会、15世紀から16世紀のルネサンス期の町並みが保存されている。左岸の城は、ボヘミアではプラハ城に次ぐ規模を誇り、ゴシック以降の諸様式をもつ建築物の集合体となっている。18世紀中ごろにシュバルツェンベルク家が領地を受け継いだ後、城には「仮面の間」などバロック様式の新しい要素が付け加えられた。国境が閉ざされていた冷戦期には辺境の町となり、歴史的建造物も放置されていたが、1989年以降大規模な修復が行われ、歴史遺産を生かした観光都市として注目を集めている。また、シュマバ山地(ボヘミアの森)への観光の基地ともなっている。[中田瑞穂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android