コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェリビダッケ チェリビダッケ Celibidache, Sergiu

5件 の用語解説(チェリビダッケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェリビダッケ
チェリビダッケ
Celibidache, Sergiu

[生]1912.6.28. ルーマニアロマン
[没]1996.8.14. フランス,パリ
ルーマニアの指揮者。ヤシの大学で哲学と数学を学ぶが,のち音楽を志してパリへ移り,1936年よりベルリン音楽院で作曲を学び H.ティーセンらに師事。 46~47年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者となり,W.フルトベングラーの復帰後も 54年まで同団の指揮を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チェリビダッケ(Sergiu Celibidache)

[1912~1996]ルーマニア生まれの指揮者。おもにドイツで活躍し、ベルリン‐フィルハーモニーやミュンヘン‐フィルハーモニーなどを指揮した。完璧主義者として知られ、生前はレコード録音を拒否し続けた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チェリビダッケ【Sergiu Celibidache】

1912‐96
ルーマニアの指揮者。第2次大戦後の1945年に追放を受けたフルトベングラーに代わってベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。54年まで同楽団で活躍。その後はデンマーク放送交響楽団(1963)とフランス国立管弦楽団(1975‐76)の指揮を短期間務めたほか,ヨーロッパ各地に客演。彼は青年時代に哲学と数学と心理学をも修め,禅にも深い関心をもつ。つねにオーケストラに妥協のない厳しい訓練を課し,均整のとれた響きと豊かな音楽表現を求める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チェリビダッケ【Sergiu Celibidache】

1912~1996) ルーマニア生まれのドイツの指揮者。ベルリン-フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者。純粋な音楽性を特徴とし、完全を求めて録音を嫌った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェリビダッケ
ちぇりびだっけ
Sergiu Celibidache
(1912―1996)

ドイツの指揮者。ルーマニアのロマンに生まれ、ベルリン音楽大学とベルリン大学で学ぶ。1945年に代役としてベルリン・フィルハーモニーを指揮して成功、45~52年その首席指揮者を務め、第二次世界大戦後の楽団立て直しに尽力した。しかしカラヤンが常任指揮者に招かれるとともに去り、客演指揮者としてヨーロッパ、中南米で活動。63年以降はスウェーデン放送交響楽団、フランス国立管弦楽団、南ドイツ放送交響楽団、ミュンヘン・フィルハーモニーなどの首席指揮者や音楽監督を歴任。77年(昭和52)読売日本交響楽団に客演のため初来日。オーケストラを美しく透明に響かせるのに独特の才能を発揮したが、テンポが遅く表情づけが過剰で、スタイルの古さを感じさせるうらみがあった。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチェリビダッケの言及

【ルーマニア】より

…彼の作品は民謡を主題としたものが多く,民族的な要素と西欧の音楽との統合によってルーマニア独自の音楽を創造するという,ルーマニア音楽文化の基本的課題に応える多くの作品を残している。作曲家だけではなく,ピアニストのハスキルClara Haskil(1895‐1960),リパッティDinu Lipatti(1917‐50),指揮者のシルベストリConstantin Silvestri(1913‐69),チェリビダッケSergiu Celibidache(1912‐ )ら,国際的に著名なルーマニア出身の演奏家も数多い。
[民族音楽]
ルーマニアの民族音楽は,葬儀には語り風の哀歌ボチェトbocetが,日照りには雨乞いの歌スカロイアヌルが,というように四季の祭りや結婚式,宗教的儀礼に密接に結びついているものが多い。…

※「チェリビダッケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チェリビダッケの関連キーワード指揮者ブラショブマデルナメンゲルベルク指揮杖ハリーSトルーマンルーマニア地震ルーマニア狂詩曲ルーマニアン・シープドッグ垣内悠希

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェリビダッケの関連情報