コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チベット暴動 チベットぼうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チベット暴動
チベットぼうどう

チベットの独立運動に伴う一連の暴動をいう。 1951年,中国人民解放軍のチベット進駐以後,チベットと中国との間は緊張状態が続いたが,59年3月,改革の強制と漢民族の移住に端を発した暴動が発生,ダライ・ラマは亡命を余儀なくされた。その後,中国の行政区中最も貧しく,最も遅れた自治区であるという経済格差の顕在化,さらに漢民族優位の幹部登用などに対する不満を背景に,87年から独立を要求する反中国デモが毎年発生するようになった。 89年1月,ダライ・ラマに次ぐ宗教指導者で,中国とチベットのパイプ役だったパンチェン・ラマが急死すると,チベット情勢は悪化,同年3月大衆を巻込んだ大規模な暴動が起き,軍の発砲などによって多数の死傷者を出した。中国政府はこの暴動に対して戒厳令を布告し,小康状態を取戻したが,93年5月には物価上昇に抗議する市民デモが独立要求を掲げる暴動に発展している。なお 89年 10月にダライ・ラマ 14世は,解放に向けた闘争で一貫して暴力の使用を否定してきたことを評価されてノーベル平和賞を受賞した。この受賞は,天安門事件以後,きびしい民族抑圧策をとる中国政府に対する諸外国の批判を反映したものといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チベット暴動の関連キーワードダライ・ラマ14世カルマ・チョペルチベット

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android