チボリ(英語表記)Tivoli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「チボリ」の解説

チボリ
Tivoli

イタリア中西部,ラツィオ州ローマ県の観光・保養都市。古代名チブル Tibur。ローマ東郊約 25km,サビニ山地西麓に位置する。前4世紀頃有力なラテン同盟の都市として長くローマに対抗したが,ついに屈した。前90年ローマ市民権を得て,ローマから東へ向かう交通の要衝,夏の保養地として発展。ハドリアヌス帝のビラをはじめ,クインツス・ホラチウスフラックスアウグスツスらの別荘が建てられ,ゼノビアもここに閉された。1458~64年教皇ピウス2世が城を建て,1550年にはエステ家が別荘の建設を始めた。エステ家の別荘はルネサンス様式の庭園や噴水で有名(→ビラ・デステ)。水力発電が行なわれ,製紙,化学工業が立地する。西方 8kmには硫黄泉がある。人口 5万2853(2008推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「チボリ」の解説

チボリ
ちぼり
Tivoli

イタリア中部、ラツィオ州ローマ県の都市。人口4万6364(2001国勢調査速報値)。アニエネ川が滝となって平野部に下る付近に位置する。ローマ時代(とくに前1世紀以後)には多くの神殿や別荘をもつ保養地、ルネサンス期には紙や毛織物の生産地として知られた。現在では製紙業に加えて、ゴム工業、大理石の製造が盛んである。大小さまざまな噴水で有名なエステ家の別荘(16世紀)、ハドリアヌス帝の別荘(2世紀)がある。

[堺 憲一]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「チボリ」の解説

チボリ

(Tivoli)
[一] イタリア、ローマの東北東にある町。ローマ時代からの保養地で、二世紀のハドリアヌス帝の別荘や一六世紀のエステ家の別荘などが残る。
[二] デンマークコペンハーゲンにある公園。一八四三年開園。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android