コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウチョウウオ チョウチョウウオ Chaetodon auripes

3件 の用語解説(チョウチョウウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウチョウウオ
チョウチョウウオ
Chaetodon auripes

スズキ目チョウチョウウオ科の海水魚。全長 18cm内外。体は著しく側扁し,頭は小さい。色彩は鮮かで,黄褐色の地に褐色の縦線が十数本走り,頭部には眼を横切る1黒褐色帯がある。熱帯性の魚で暖海の岩礁帯にすむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チョウチョウウオ

チョウチョウウオ科の魚の総称。スズメダイ科と並んで,サンゴ礁魚類の代表。小型の魚で,体高が高く側扁し,色彩や斑紋があざやかなものが多い。水族館でも,ペットとしても,ダイバーたちにも人気がある

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウチョウウオ
ちょうちょううお / 蝶々魚
butterfly fish

硬骨魚綱スズキ目チョウチョウウオ科Chaetodontidaeの海水魚、およびそのなかの1種。この科の魚は形態面では、体は円形でよく側扁(そくへん)し、口は小さく突出して歯が細かい糸状であることが特徴。底生生活前の幼生はトリクチスとよばれ、頭部には骨性の突起が発達している。生態面では、サンゴ礁の発達する世界中の暖かい浅海に10属約140種が分布し、サンゴ礁のポリプや礁の間隙(かんげき)にすむ小動物、付着藻類を食べるなどの特徴をもつ。少数の種はサンゴ礁の発達限界(ほぼ南北30度の緯線内)の外側に生息し、とくにシラコダイChaetodon nipponなどは南日本海域でのみ繁殖する。日本には7属46種が生息するが、いずれも色彩が豊かで水族館などで人気がある。ハタタテダイHeniochus acuminatusやトゲチョウチョウウオC. aurigaなどの幼魚はほかの大形魚の外部寄生虫を食べ、「掃除共生」を行う。温帯域では小形で食用とはされないが、熱帯域では20センチメートル以上にもなり、食用として美味である。
 また、この科にはフエヤッコダイForciger flavissimus、ハタタテダイ、タキゲンロクダイCoradion altivelis、カスミチョウチョウウオHemitaurichthys polylepisなどがあり、いずれも美麗な体色と特異な形態で観賞魚として有名。近縁の科としてはキンチャクダイ科Pomacanthidaeがあり、本科と同様に美しく飼育しやすいので水族館や愛好家に人気がある。
 チョウチョウウオC. auripesは、千葉県から南西諸島、東シナ海に分布。全長20センチメートルに達する。シラコダイとともにこの科のなかではもっとも北の温帯域に分布する種であるが、その繁殖生態は謎(なぞ)で産卵期、産卵域すら判明していない。幼魚は初夏に中部日本以南の沿岸に出現して潮だまり(タイドプール)にも入るが、成長につれてしだいに深みに移る。大形の個体は南西諸島や小笠原(おがさわら)諸島でしか観察されない。本種は、従来インド洋産の別種C. collareと混同され、その学名をあてていたが、別種であることがわかり改められた。[井田 齋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョウチョウウオの関連キーワード赤羽太赤鯥元禄鯛胡麻鯖蝶蝶魚鉄砲魚旗立鯛葉血引笛奴鯛チョウチョウウオ(蝶々魚)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チョウチョウウオの関連情報