コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョンピの乱 チョンピのらん

2件 の用語解説(チョンピの乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チョンピのらん【チョンピの乱】

1378年にフィレンツェで生じた下層労働者の反乱。チョンピciompiの語源は不明であるが,毛織物工業の準備工程(洗毛,打毛,梳毛など)で働く従属労働者を意味した。彼らは毛織物ギルドの統制下にあって組織も政治的権利ももたなかった。対教皇庁戦争(1375‐78)の敗戦が伝えられた7月20日,彼らは反乱を起こして市庁舎を包囲して都市政府の代表を辞職させ,チョンピを組織する仲介業者であったミケーレ・ディ・ランドを代表にすえ,チョンピ,染色職人,仕上げ職人の三つのギルドを創設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョンピの乱
ちょんぴのらん
il tumulto dei Ciompiイタリア語

1378年にフィレンツェで生じた都市反乱。チョンピは、毛織物工業の準備工程(洗毛、梳毛(そもう)など)に従事する下層労働者。フィレンツェでは、他のイタリア都市と同様に、遠隔地商業、金融業、手工業などの21のアルテ(ギルド組織)に結集している者だけが事実上政治に参加し、多数の下層労働者は排除されていた。14世紀後半、旧来の都市貴族と新興商人層が激しく対立し、内政、外交をめぐって争った。3年間続いた対教皇庁戦が敗北に終わった1378年7月、一部の都市貴族と結んだチョンピが蜂起(ほうき)し、市庁舎を包囲して、代表者ミケーレ・ディ・ランドMichele di Lando(1343ころ―1401)を中心に権力を掌握した。彼らは独自のアルテをつくり、恒常的に市政に参加しようとしたが、商人、手工業者の反発を招き1か月で敗退した。[清水廣一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョンピの乱の関連キーワードフィレンツェフィレンツェ派マキアベリメディチ家リッピフィエーゾレベルベデーレ要塞マサッチョフィレンツェの思い出フィレンツェ風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone