コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チーゼル teasel

翻訳|teasel

百科事典マイペディアの解説

チーゼル

おもにヨーロッパからアフリカにかけて分布するマツムシソウ科二年草または多年草で,15種があり,日本にもナベナが自生する。チーゼルとはこの仲間を総称する英名で,学名はディプサクス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

チーゼル【teasel】

オニナベナの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チーゼル
ちーぜる
teasel
[学]Dipsacus fullonum L.

マツムシソウ科の二年草。ヨーロッパ原産。茎はじょうぶで強く、刺(とげ)があり、高さ1メートルとなり、成長がよいと数本が株立ちとなる。葉は広披針(ひしん)形で対生し、茎を抱くように合着する。花は淡紫色で長楕円(ちょうだえん)状の頭状花序。果穂から芽が出て伸長し、その先に花をつける二段咲きの系統もある。包葉は先端が鉤(かぎ)状に曲がり、乾燥すると堅くなる。これを毛織物の起毛に用いることから、ラシャカキグサ(羅紗掻草)の和名がある。花形の珍奇さが好まれ、いけ花によく用いられる。4月中・下旬、日当りと排水のよい所に直播(じかま)きし、株間50センチメートルに間引く。播種(はしゅ)が遅れると翌年不開花株が多く出る。二段咲きなど変形チーゼルはやや多肥栽培しないと花の特性が出ない。[魚躬詔一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チーゼルの関連キーワードオニナベナラシャ掻草鬼山芹菜起毛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android