コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツァラトゥストラはかく語りき ツァラトゥストラはかくかたりきAlso sprach Zarathustra

3件 の用語解説(ツァラトゥストラはかく語りきの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツァラトゥストラはかく語りき
ツァラトゥストラはかくかたりき
Also sprach Zarathustra

ドイツの哲学者フリードリヒニーチェの4部からなる哲学的散文詩。 1883~85年成立。『万人に与える書,なんぴとにも与えぬ書』という副題をもつこの書は,キリスト教の聖書に対抗して書かれたものといわれ,ニーチェの思想が象徴的な美しく力強い詩文で語られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ツァラトゥストラはかくかたりき【ツァラトゥストラはかく語りき】

《原題、〈ドイツ〉Also sprach Zarathustra》哲学書。四部作。ニーチェ著。1883年から1885年作。「神は死んだ」の言葉で表されるニヒリズムの確認に始まり、キリスト教に基づく西洋文化の価値の転換を図り、超人ツァラトゥストラの言動を比喩や逸話によって描いたもの。
《原題、〈ドイツ〉Also sprach Zarathustraリヒャルト=シュトラウスの交響詩。1895年から1896年にかけて作曲。に着想を得た作品。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ツァラトゥストラはかく語りき

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスの交響詩(1895-96)。原題《Also sprach Zarathustra》。『ツァラトゥストラはこう語った』とも呼ばれる。哲学者フリードリヒ・ニーチェの同名の著作に着想を得て作曲された。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツァラトゥストラはかく語りきの関連情報