ツァラトゥストラはかく語りき(読み)ツァラトゥストラはかくかたりき(英語表記)Also sprach Zarathustra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツァラトゥストラはかく語りき
ツァラトゥストラはかくかたりき
Also sprach Zarathustra

ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの4部からなる哲学的散文詩。 1883~85年成立。『万人に与える書,なんぴとにも与えぬ書』という副題をもつこの書は,キリスト教聖書に対抗して書かれたものといわれ,ニーチェの思想が象徴的な美しく力強い詩文で語られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ツァラトゥストラはかくかたりき【ツァラトゥストラはかく語りき】

《原題、〈ドイツ〉Also sprach Zarathustra》哲学書。四部作。ニーチェ著。1883年から1885年作。「神は死んだ」の言葉で表されるニヒリズムの確認に始まり、キリスト教に基づく西洋文化の価値の転換を図り、超人ツァラトゥストラの言動を比喩や逸話によって描いたもの。
《原題、〈ドイツ〉Also sprach Zarathustraリヒャルト=シュトラウスの交響詩。1895年から1896年にかけて作曲。に着想を得た作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ツァラトゥストラはかくかたりき【ツァラトゥストラはかく語りき】

(原題Also sprach Zarathustra)
[一] 哲学書。四部作。ニーチェ著。一八八三~八五年作。ゾロアスター教の教祖の名を借りた主人公の口を通して、キリスト教的な道徳を否定し、人間自身の可能性を極限まで実現して、権力への意志を遂行する超人の道徳および永劫回帰の思想を説いた。二〇世紀ヨーロッパの思想・文学・芸術に対して巨大な影響を与えた。
[二] 交響詩。リヒャルト=シュトラウス作曲。(一)を標題としたもの。一八九五~九六年作。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ツァラトゥストラはかく語りきの関連情報