コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツァラトゥストラはかく語りき ツァラトゥストラはかくかたりき Also sprach Zarathustra

3件 の用語解説(ツァラトゥストラはかく語りきの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツァラトゥストラはかく語りき
ツァラトゥストラはかくかたりき
Also sprach Zarathustra

ドイツの哲学者フリードリヒニーチェの4部からなる哲学的散文詩。 1883~85年成立。『万人に与える書,なんぴとにも与えぬ書』という副題をもつこの書は,キリスト教の聖書に対抗して書かれたものといわれ,ニーチェの思想が象徴的な美しく力強い詩文で語られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ツァラトゥストラはかくかたりき【ツァラトゥストラはかく語りき】

《原題、〈ドイツAlso sprach Zarathustra》哲学書。四部作。ニーチェ著。1883~85年作。「神は死んだ」の言葉で表されるニヒリズムの確認に始まり、キリスト教に基づく西洋文化の価値の転換を図り、超人ツァラトゥストラの言動を比喩や逸話によって描いたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ツァラトゥストラはかく語りき

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスの交響詩(1895-96)。原題《Also sprach Zarathustra》。『ツァラトゥストラはこう語った』とも呼ばれる。哲学者フリードリヒ・ニーチェの同名の著作に着想を得て作曲された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツァラトゥストラはかく語りきの関連キーワード西ドイツ東ドイツドイツ鯉統一ドイツドイツ第二テレビドイツ放送連盟ドイツの小さな町ドイツパンの日ドイツ・レクイエムドイ語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツァラトゥストラはかく語りきの関連情報