コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツキヒガイ Amusium japonicum; saucer scallop; sun and moon shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツキヒガイ
Amusium japonicum; saucer scallop; sun and moon shell

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科。長,殻高とも 11cm,殻幅 2cmに達する。殻は円形,ふくらみは弱く,殻表は平滑で光沢がある。右殻は淡黄白色,左殻は赤褐色で,これを月と日に見立ててその名がついた。殻頂前後の耳状の部分は小さく,殻頂から 45~52本の細肋がある。殻の内面は白色であるが,周縁は黄色。房総半島から九州の水深 10~100mの細砂底に群生し,殻を激しく開閉させて泳ぎ,移動する。肉は食用,殻は貝細工の材料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツキヒガイ

イタヤガイ科の二枚貝。高さ,長さとも10cm,幅2cm。左殻が赤褐色,右殻が淡黄白色,これを月と日に見たててこの名がある。両殻の間は狭く開き,内面に細い放射肋(ろく)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツキヒガイ
つきひがい / 月日貝
saucer scallopsun and moon shell
[学]Amusium japonicum

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科の二枚貝。房総半島から九州にかけて分布し、水深10~100メートルの細砂泥底に、右殻を下にしてなかば埋もれたように横たわっている。殻長と殻高はともに110ミリメートル、殻幅20ミリメートルに達し、殻は円形で膨らみは弱く光沢があり、左殻は赤褐色、右殻は淡黄白色をしている。これを日と月に見立てたのが名の由来である。殻頂両側の耳は小さい。内面は白色で周縁は黄色、45~52本の細肋(ろく)を放射する。肉は黄色で、外套(がいとう)膜縁には多くの赤褐色の糸状触手を備え、その間には多数の目がある。殻を激しく開閉して泳ぎ移動する。閉殻筋は食用とされ、殻は貝細工に用いられている。
 台湾など南方には、左殻の全体が赤褐色でなく、細い赤褐色の輪線となるタイワンツキヒガイA. j. formosumと、小形のタカサゴツキヒガイA. pleuronectesを産する。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツキヒガイの関連キーワード掛川動物群月日貝

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android