コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツキヒガイ ツキヒガイ Amusium japonicum; saucer scallop; sun and moon shell

3件 の用語解説(ツキヒガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツキヒガイ
ツキヒガイ
Amusium japonicum; saucer scallop; sun and moon shell

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科。殻長,殻高とも 11cm,殻幅 2cmに達する。殻は円形,ふくらみは弱く,殻表は平滑で光沢がある。右殻は淡黄白色,左殻は赤褐色で,これを月と日に見立ててその名がついた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツキヒガイ

イタヤガイ科の二枚貝。高さ,長さとも10cm,幅2cm。左殻が赤褐色,右殻が淡黄白色,これを月と日に見たててこの名がある。両殻の間は狭く開き,内面に細い放射肋(ろく)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツキヒガイ
つきひがい / 月日貝
saucer scallopsun and moon shell
[学]Amusium japonicum

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科の二枚貝。房総半島から九州にかけて分布し、水深10~100メートルの細砂泥底に、右殻を下にしてなかば埋もれたように横たわっている。殻長と殻高はともに110ミリメートル、殻幅20ミリメートルに達し、殻は円形で膨らみは弱く光沢があり、左殻は赤褐色、右殻は淡黄白色をしている。これを日と月に見立てたのが名の由来である。殻頂両側の耳は小さい。内面は白色で周縁は黄色、45~52本の細肋(ろく)を放射する。肉は黄色で、外套(がいとう)膜縁には多くの赤褐色の糸状触手を備え、その間には多数の目がある。殻を激しく開閉して泳ぎ移動する。閉殻筋は食用とされ、殻は貝細工に用いられている。
 台湾など南方には、左殻の全体が赤褐色でなく、細い赤褐色の輪線となるタイワンツキヒガイA. j. formosumと、小形のタカサゴツキヒガイA. pleuronectesを産する。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツキヒガイの関連キーワードイガイイタヤガイ二枚貝類板屋貝錦貝二枚貝東錦貝苫屋貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone