コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツトガ(苞蛾) ツトガAncylolomia japonica

世界大百科事典 第2版の解説

ツトガ【ツトガ(苞蛾) Ancylolomia japonica】

鱗翅目メイガ科の昆虫。翅の開張2.5~3.5cm。一般に雄は雌より小さく,翅の色が濃い。前翅は薄い灰黄色,翅脈に沿って無数の暗褐色線が走り,中室の下にはぼかしたような白線があり,外縁にも白線があり,中室端に黒点がある。後翅は白っぽいが,やや灰褐色を帯びる。沖縄本島以北の日本全国,台湾,朝鮮半島,シベリア東部,中国に分布する。幼虫はシバ類に寄生するが,昔はイネにもつくとされていた。幼虫は土中に,糞や枯葉のくずを糸でつづってつとをつくり,その中にすんで食害する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android