コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツトガ(苞蛾) ツトガAncylolomia japonica

1件 の用語解説(ツトガ(苞蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツトガ【ツトガ(苞蛾) Ancylolomia japonica】

鱗翅目メイガ科の昆虫。翅の開張2.5~3.5cm。一般に雄は雌より小さく,翅の色が濃い。前翅は薄い灰黄色,翅脈に沿って無数の暗褐色線が走り,中室の下にはぼかしたような白線があり,外縁にも白線があり,中室端に黒点がある。後翅は白っぽいが,やや灰褐色を帯びる。沖縄本島以北の日本全国,台湾,朝鮮半島シベリア東部,中国に分布する。幼虫はシバ類に寄生するが,昔はイネにもつくとされていた。幼虫は土中に,糞や枯葉のくずを糸でつづってつとをつくり,その中にすんで食害する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone