ツトガ(苞蛾)(読み)ツトガ(英語表記)Ancylolomia japonica

世界大百科事典 第2版の解説

ツトガ【ツトガ(苞蛾) Ancylolomia japonica】

目メイガ科の昆虫。翅の開張2.5~3.5cm。一般により小さく,翅の色が濃い。前翅は薄い灰黄色,翅脈に沿って無数の暗褐色線が走り,中室の下にはぼかしたような白線があり,外縁にも白線があり,中室端に黒点がある。後翅は白っぽいが,やや灰褐色を帯びる。沖縄本島以北の日本全国,台湾,朝鮮半島,シベリア東部,中国に分布する。幼虫はシバ類に寄生するが,昔はイネにもつくとされていた。幼虫は土中に,枯葉のくずを糸でつづってつとをつくり,その中にすんで食害する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android