コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノゼミ Membracidae; treehopper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツノゼミ
Membracidae; treehopper

半翅目同翅亜目ツノゼミ科に属する昆虫の総称。セミに似た形の小型の昆虫で,頭部は垂直。前胸背は発達して頭部をおおい,また後方に突起状に伸びて小楯板 (中胸背) のみならず腹部をも完全におおうものもある。その形はきわめて多様で,想像を絶するような奇異な変形を示すばかりでなく,色彩も奇抜なものが少くない。頭部には複眼間に2個の単眼がある。翅は膜状で明瞭な翅脈がある。後肢の脛節は角ばる。成虫,幼虫とも植物上で生活する。熱帯に多くの美麗かつ奇形の種を産するが,日本産は体色が黒ないし褐色で,角状突起も単純である。ツノゼミ Butragulus flavipesは,体長 (翅端まで) 6~7mm,体は黒色で黄色の微毛におおわれる。複眼は大きく両側に突出する。前胸背の両側の突起は長く上側方に突出し,その先端は後方に向ってとがる。北海道,本州,四国,九州の山地に産し,いろいろな広葉樹上にみられる。 (→同翅類 , 半翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ツノゼミ

半翅(はんし)目ツノゼミ科の昆虫の1種。体長(翅端まで)6mm内外,体は黒褐色,翅は褐色。前胸の両側に鋭い鉤(かぎ)状の突起がある。日本全土に分布。夏〜秋にアザミヨモギなどの雑草中に見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツノゼミ
つのぜみ / 角蝉
treehopper

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目ツノゼミ科に属する昆虫の総称、またはそのなかの1種。セミの名があるが、セミ科よりもヨコバイ科に近縁である。小形で、体長1~25ミリメートル、多くは5~10ミリメートル。頭部は垂直で、顔は下側を向く。左右の複眼は大きく離れ、頭頂部には2個の単眼がある。前胸背はとくに発達し、1対の角(つの)状突起と腹端近くまで伸びる1本の後突起がある。角状突起にはさまざまな形が知られ、スイギュウの角、錨(いかり)、シカ角などの形をしたもののほか、葉状に隆起するもの、1本の大きく上方に突出する角をもつものなどいろいろである。なかには、角状突起を欠くもの、まれに後突起を欠くものが知られる。小楯板(しょうじゅんばん)は後突起の下に隠れることが多い。植物体上に生活し、茎、枝、葉脈などから吸汁する。幼虫(まれに成虫)がアリと共生するものが知られ、また幼虫集団を雌成虫が守るものがある。世界に約2500種、日本には十数種を産する。
 和名ツノゼミOrthobelus flavipesは、体長5~8ミリメートルの黒色のツノゼミで、角状突起は棘(きょく)状。はねは透明で褐色を帯びる。おもに山地性で、種々の植物上にみられる。卵で越冬。ツノゼミによく似たニトベツノゼミCentrotus nitobeiは、体長8~11ミリメートルでツノゼミ類のなかでは日本最大種、角状突起も太くて大きく、強く湾曲する。ほかに、体は褐色で、角状突起が太く、こぶ状あるいはへら状となるトビイロツノゼミMachaerotypus sibiricusやモジツノゼミTsunozemia mojiensis、角状突起を欠くマルツノゼミGargara genistae、オビマルツノゼミG. katoiなどが知られる。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツノゼミの関連キーワードツノゼミ(角蟬)角蝉・角蟬ヨコバイ角蝉

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツノゼミの関連情報