コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツメタガイ(津免田貝∥砑螺) ツメタガイ Neverita(=Glossaulax) didyma

1件 の用語解説(ツメタガイ(津免田貝∥砑螺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツメタガイ【ツメタガイ(津免田貝∥砑螺) Neverita(=Glossaulax) didyma】

タマガイ科の巻貝(イラスト)。別名ツベタガイ北海道南部から九州,さらに熱帯太平洋に分布し,潮間帯から水深20mくらいの砂泥底にすむ。殻は球卵形で高さ7cm,径8.5cmに達する。巻きは5階で低い円錐形,最後の巻きは非常に大きく丸い。殻表は平滑で成長脈を刻む。巻きの境の下は濃く紫褐色を帯びるが,他はそれより淡色で,底面は白色。殻口は広く半円形で,外套(がいとう)は丸く,内唇の上方に褐色の大きい臍孔(せいこう)への膨らみがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツメタガイ(津免田貝∥砑螺)の関連キーワード袖貝津辺多貝津免多貝揚巻貝蜑貝車貝逆巻貝玉貝玉黍貝つべたま・し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone