コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツメタガイ(津免田貝∥砑螺) ツメタガイNeverita(=Glossaulax) didyma

世界大百科事典 第2版の解説

ツメタガイ【ツメタガイ(津免田貝∥砑螺) Neverita(=Glossaulax) didyma】

タマガイ科の巻貝(イラスト)。別名ツベタガイ。北海道南部から九州,さらに熱帯太平洋に分布し,潮間帯から水深20mくらいの砂泥底にすむ。は球卵形で高さ7cm,径8.5cmに達する。巻きは5階で低い円錐形,最後の巻きは非常に大きく丸い。殻表は平滑で成長脈を刻む。巻きの境の下は濃く紫褐色を帯びるが,他はそれより淡色で,底面は白色。殻口は広く半円形で,外套(がいとう)は丸く,内唇の上方に褐色の大きい臍孔(せいこう)への膨らみがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android