コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツユムシ Phaneroptera falcata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツユムシ
Phaneroptera falcata

直翅目キリギリス科。体長 15~20mm。体は緑色で細長く,背面が褐色を帯びる。翅は細く,後翅は前翅より長くて体長の約2倍の長さがある。触角,肢ともに細く,非常に長い。雌の産卵管は鎌形に湾曲する。成虫は夏から秋頃にみられ,雄は「じじじぃじぃ」と鳴く。近縁種にアシグロツユムシ P. nigroantennata,セスジツユムシ Ducetia japonica,エゾツユムシ D. sapporensisなどが知られている。 (→キリギリス , 直翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ツユムシ

直翅(ちょくし)目キリギリス科の昆虫の1種。体長(翅端まで)35mm内外,緑色。触角は糸状で体よりはるかに長い。北海道を除く日本各地,台湾分布。成虫は夏〜秋に出現し,夕刻から夜の入りにかけてチ,チ,チ…と鳴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツユムシ
つゆむし / 露虫
[学]Phaneroptera falcata

昆虫綱直翅(ちょくし)目キリギリス科に属する昆虫。全体が深緑色をした細長中形の種で、体長15~20ミリメートル。頭と胸は小さく、腹部も短いが、はねは長い。前翅は細く、主脈に加え網状の脈が密にあり、翅脈間の小室は黒点となっている。後翅は前翅よりも長く、体長の約2倍。雄の尾角は長く湾曲し、先端近くでやや幅広くなり、先端はとがっている。雌の腹端には鎌(かま)状に上方に反った産卵管をもち、その先端は丸くなり、縁には多少の歯を備える。成虫は夏から秋に出現するが、地域により年二化性。雄は草原のヨモギの葉上などで、ツ、ツ、ツ、ツ、ジィー、ジィーとよく鳴くが、あまり目だたない調子の発音である。雌は植物の葉の葉肉中に平たい卵を産む。灯火に誘われてしばしば室内に飛び込んでくることもある。日本全土に普通で、また旧北区に広く分布する。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツユムシの関連キーワード城ヶ森鉾尖県立自然公園アナバチ(穴蜂)クダマキモドキセスジツユムシクロアナバチチッチゼミ背条露虫アナバチ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツユムシの関連情報