コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリガネツツジ

世界大百科事典 第2版の解説

ツリガネツツジ【Menziesia ciliicalyx (Miq.) Maxim.】

山地の林縁に生えるツツジ科の落葉低木(イラスト)。茎は直立して多くの細い枝を分かち,高さ1~2m。葉は枝先に集まってやや輪状につき,長楕円形で縁に微毛があり,長さ2.5~5cm,幅1.5~2.5cm,裏面はやや白色を帯びる。5~6月,枝先に3~8個の筒状の花を散状につけ,下向きに開く。花柄は細く,長い腺毛がある。萼はほとんど分裂せず,縁に長い腺毛がある。花冠はやや左右相称の筒形で先は分裂し,長さ15~17mm,淡黄色で紫色の斑点があり,ときに裂片が紅紫色を帯びる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android