コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルニンジン

百科事典マイペディアの解説

ツルニンジン

ジイソブとも。北海道〜九州,東アジアの林内などにはえるキキョウ科の多年生つる草。根茎は肥大し,茎は長さ2mに達し,切ると白汁が出る。葉は枝先に4枚ずつつき,楕円形で薄くて毛がない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルニンジン
つるにんじん / 蔓人参
[学]Codonopsis lanceolata (Sieb. et Zucc.) Trautv.

キキョウ科の多年生つる草。塊根は紡錘形。全草に香りがあり、茎を折ると白い液が出る。葉は茎の側枝に4枚集まってつき長楕円(ちょうだえん)形から狭卵形、毛はない。8~10月、側枝の先に鐘形の花を1個下向きに開く。花冠は外面は淡緑色、内面には紫褐色の斑紋(はんもん)がある。丘陵帯から山地帯の林内や林縁に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、根がニンジンに似ており、つる性であることによる。別にジイソブ(爺蕎)の名があるが、これは花冠の紫斑(しはん)を老婆のそばかすに見立てたバアソブに対し、本種がこれによく似ていてより大形であることによる。ツルニンジン属はつる草で柱頭は3~5裂し、裂片の幅は広い。アジアに約40種、日本に2種が分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツルニンジンの関連キーワード桔梗唐草バアソブむかわ町ジイソブじいそぶ婆そぶ灯籠花桔梗葛釣鐘葛鵡川

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツルニンジンの関連情報