コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルニンジン

2件 の用語解説(ツルニンジンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ツルニンジン

ジイソブとも。北海道〜九州,東アジアの林内などにはえるキキョウ科多年生つる草。根茎は肥大し,茎は長さ2mに達し,切ると白汁が出る。葉は枝先に4枚ずつつき,楕円形で薄くて毛がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルニンジン
つるにんじん / 蔓人参
[学]Codonopsis lanceolata (Sieb. et Zucc.) Trautv.

キキョウ科の多年生つる草。塊根は紡錘形。全草に香りがあり、茎を折ると白い液が出る。葉は茎の側枝に4枚集まってつき長楕円(ちょうだえん)形から狭卵形、毛はない。8~10月、側枝の先に鐘形の花を1個下向きに開く。花冠は外面は淡緑色、内面には紫褐色の斑紋(はんもん)がある。丘陵帯から山地帯の林内や林縁に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、根がニンジンに似ており、つる性であることによる。別にジイソブ(爺蕎)の名があるが、これは花冠の紫斑(しはん)を老婆のそばかすに見立てたバアソブに対し、本種がこれによく似ていてより大形であることによる。ツルニンジン属はつる草で柱頭は3~5裂し、裂片の幅は広い。アジアに約40種、日本に2種が分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツルニンジンの関連キーワードイソブチレンウグイ東アジアヨモギ小アジアアジアダラーアジアンポップスイソブテン東アジア首脳会議オニユリ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone