コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルリンドウ Tripterospermum japonicum (Sieb.et Zucc.) Maxim.

世界大百科事典 第2版の解説

ツルリンドウ【Tripterospermum japonicum (Sieb.et Zucc.) Maxim.】

茎がつる性で,花後,花冠上部から突き出た赤紫色の果実が美しい(イラスト)。日本のリンドウ科植物中,唯一の液果をつける種である。平滑な多年草で,茎は細長く20~80cm,緑色または緑紫色。茎葉は卵状三角形から三角形状披針形で,3~5脈,長さ3~8cm,幅1.5~4.5cm,基部は円形からやや心形で短柄がある。花は8~10月,葉腋(ようえき)に1~数個つき,5数性。萼裂片は針状線形。花冠は淡紫色から青紫色で,狭漏斗形,先端に向かって広がる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルリンドウ
つるりんどう / 蔓竜胆
[学]Tripterospermum japonicum (Sieb. et Zucc.) Maxim.

リンドウ科の多年生つる草。葉は対生し、卵状三角形から広披針(こうひしん)形で顕著な3脈があり、短い柄がある。8~10月、葉腋(ようえき)に淡紫色花を開く。花冠は筒状の鐘形で先は5裂し、裂片は三角形、裂片と裂片の間には小さな副裂片がある。果実はリンドウ科には珍しい液果で、楕円(だえん)状球形。秋から冬、光沢を帯びた赤色に熟す。果実の基部には枯れた花冠が残り、先端には花柱が残る。山地帯から亜高山帯の林内や草原に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する。多雪地の亜高山帯に生えるものは、葉、花、果実など全体が小形である。名は、つるになるリンドウの意味である。
 ツルリンドウ属はつる草で花は5数性。果実は液果。種子に3個の翼がある。東アジア、インド、マレーシアに7種、そのうち日本に1種が分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツルリンドウの関連キーワードホソバツルリンドウ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android