コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルレイシ

4件 の用語解説(ツルレイシの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ツルレイシ

 [Momordica charantia].ニガウリレイシともいう.スミレ目ウリ科ツルレイシ属の多年草で,果実を食用にする.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ツルレイシ

ニガウリ,レイシとも。熱帯アジア原産のウリ科のつる性一年草。葉は掌状で淡緑色,雌雄異花で夏,黄色花をつける。果実は長楕円形か紡錘形で表面に多数のこぶ状突起を有する。
→関連項目ゴーヤーチャンプルー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツルレイシ【balsam pear】

ウリ科の一年草で果皮が苦いためニガウリ(苦瓜)とも呼ばれるインド原産で熱帯アジア,中国,日本で栽培される。中国には明のころ南方から入り,日本へは江戸時代に中国から導入された。一般には観賞用として栽培されているが,南西諸島や九州では食用として栽培している。つるは細いが分枝は多く,よく繁茂する。葉は小さくカエデ状で互生。花は雌雄異花で葉腋(ようえき)につき,黄色で径2cmぐらいの小花。果形は長さ50cmにも及ぶ長円筒形と15cm前後の楕円形のものとがあり,表面にこぶ状突起のあるものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルレイシ
つるれいし / 蔓茘枝
balsam pear
[学]Momordica charantia L.

ウリ科の一年生つる草。熱帯アジア原産。果実を食用とするが、苦味があるためニガウリ(苦瓜)ともよばれる。茎は細く長さ2~5メートル巻きひげで他物に絡みつく。葉は互生し、掌状に裂ける。雌雄異花。夏、葉腋(ようえき)に黄色の小花をつける。果実は細い柄があって下垂し、長楕円(ちょうだえん)形で両端がとがり、瘤(こぶ)状の突起に覆われ、長さ10~30センチメートル。若果は淡緑色であるが、熟すと黄赤色になり、果実の先端部から裂開してめくれ、多数の種子を露出する。種子を覆っている赤い種衣は甘味があり、食べられる。普通は未熟果を収穫し、内部の種子のある部分を除いて、肉と煮たり油炒(あぶらいた)めにする。
 明(みん)の時代に東南アジアから中国に伝わり、日本には江戸時代に渡来した。沖縄ではゴーヤーとよばれ、夏季の郷土料理の材料として不可欠とされている。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツルレイシの関連情報