コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金目 カネメ

デジタル大辞泉の解説

かね‐め【金目】

金銭的価値の高いこと。高価。「金目の品」
金銭に換算した価値。値段。
「―に積もらば拾七八貫目が物あり」〈浮・万丹・五〉

きん‐め【金目】

江戸時代の金貨単位名目。両・歩(ぶ)・など。

きん‐め【金目/金眼】

猫などで、目の色が金色のもの。
金目鯛」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かねめ【金目】

金銭的な価値の高いこと。 「 -の物」
金銭的な価値。値打ち。 「 -に積もらば拾七八貫目が物有/浮世草子・好色万金丹」

きんめ【金目】

江戸時代の、金または金貨を量る際の単位の名目。両・分(四分の一両)・朱しゆ(四分の一分)の名目があった。江戸を中心に行われた。 → 銀目

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金目の関連キーワード大阪・東住吉の小6女児死亡火災身代金目的略取等予備罪民主党の税制分野の主張身代金目的誘拐等予備罪裁判員裁判の対象事件身代金目的誘拐予備罪身代金目的略取予備罪ガードナー ドゾア身代金目的略取等罪コロンビアの治安セールスマンの死身代金目的誘拐罪身代金目的略取罪台風十三号始末記ナンヨウキンメ全国丼サミット身代金誘拐罪猪俣 道之輔身代金略取罪五領ヶ台貝塚

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金目の関連情報