コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テアトロ テアトロ

4件 の用語解説(テアトロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テアトロ
テアトロ

新劇雑誌名。 1934年5月進歩的な新劇運動のための理論および啓蒙雑誌として創刊,40年7月第7巻7号で廃刊。 46年 10月土方与志村山知義の責任編集で再刊。勤労者演劇の民主的発展に寄与したが,のち総合演劇雑誌を標榜,現在に及んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テアトロ(〈イタリア〉teatro)

劇場。演劇。シアター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テアトロ

演劇雑誌。1934年(昭和9)5月,秋田雨雀を責任編集者として創刊。軍国主義の強まる気配の中で,危機にあった演劇芸術の擁護を訴え,暗い谷間の時代に良心的な演劇の灯を掲げたが,40年8月を最後に政府の干渉で休刊した。戦後の46年10月に村山知義土方(ひじかた)与志の共同編集で復刊,土方,村山の両名のほか,浜村米蔵木下順二,倉橋健など数多くの人々が寄稿し,堀田清美大橋喜一など,いわゆる〈職場演劇〉の作家たちもこの誌上で作品を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

テアトロ【teatro】

劇場。テアトル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テアトロの関連キーワード演芸画報悲劇喜劇池田亀治哥沢芝金(5代)鈴木力衛津村京村戸部銀作早川清梁夢廻演劇新潮

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テアトロの関連情報