コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テアトロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テアトロ

新劇雑誌名。 1934年5月進歩的な新劇運動のための理論および啓蒙雑誌として創刊,40年7月第7巻7号で廃刊。 46年 10月土方与志,村山知義の責任編集で再刊。勤労者演劇の民主的発展に寄与したが,のち総合演劇雑誌を標榜,現在に及んでいる。月刊。テアトロ社刊。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

テアトロ(〈イタリア〉teatro)

劇場。演劇。シアター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

テアトロ

演劇雑誌。1934年(昭和9)5月,秋田雨雀を責任編集者として創刊。軍国主義の強まる気配の中で,危機にあった演劇芸術の擁護を訴え,暗い谷間の時代に良心的な演劇の灯を掲げたが,40年8月を最後に政府の干渉で休刊した。戦後の46年10月に村山知義土方(ひじかた)与志の共同編集で復刊,土方,村山の両名のほか,浜村米蔵木下順二倉橋健など数多くの人々が寄稿し,堀田清美大橋喜一など,いわゆる〈職場演劇〉の作家たちもこの誌上で作品を発表した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

テアトロ【teatro】

劇場。テアトル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

テアトロの関連キーワードファブリキウス(Hieronymus Fabricius)トレッリ(Giacomo Torelli)ガブリエーレ サルヴァトーレス狂人なおもて往生をとぐエディンバラ音楽演劇祭ジェラール モルティエマリアネラ ヌニェスリチア アルバネーゼピエロ カプッチッリヴァレリア ドビチエリザベット ロスG. ストレーレルミラノ・ピッコロ座真情あふるる軽薄さエジスト マッキヴェルディ音楽祭P. グラッシサバッティーニスカモッツィO. コスタ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テアトロの関連情報