三国通覧図説(読み)さんごくつうらんずせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三国通覧図説
さんごくつうらんずせつ

林子平の著書名。天明5 (1785) 年に成り,同6年刊。朝鮮琉球蝦夷小笠原諸島の地理的記述を主としているが,アイヌについては特に挿図をして,その人物風俗を略述している。アイヌ文献の古いものの一つである。地図5枚を付図として別刷刊行している。 1832年フランス語訳が出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三国通覧図説【さんごくつうらんずせつ】

林子平(しへい)が著した地誌,1冊。1785年刊。日本を中心に朝鮮・琉球(りゅうきゅう)・蝦夷(えぞ)3国,無人(ぶにん)島(小笠原諸島)を図示し,国防的観点から地理・風俗を解説し,海防知識の普及を図ったもの。ロシアの南下に対抗するため蝦夷地の開発を提唱している。1791年幕府は,《海国兵談》とともに絶版にした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんごくつうらんずせつ【三国通覧図説】

軍事地理書。林子平著。1冊,付図5葉。1786年(天明6)刊。日本の隣境にある朝鮮,琉球および蝦夷地の3国,それに無人島(小笠原諸島)の地図,さらに日本とこれらの里程を示す総図,都合5図を載せ,国防的観点からそれら4地域の地理や風俗について解説したもの。なかでも蝦夷地に最も詳しく,ロシアの南下に対抗するため,同地の開発を提唱している。《林子平全集》等に収録。【佐藤 昌介】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんごくつうらんずせつ【三国通覧図説】

江戸後期の地誌。一巻。林子平著。日本および朝鮮・琉球・蝦夷えぞ・小笠原諸島の五色刷り地図五枚と、里程・気候・風俗などの解説書とから成る。地図は1785年刊、解説は翌年刊。「海国兵談」とともに海防知識の普及を図ったものであるが、92年幕命により両書とも絶版。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三国通覧図説
さんごくつうらんずせつ

林子平(しへい)が1785年(天明5)江戸で五色刷で刊行した地誌。5枚1冊。それまで万国か本邦の地図はあるが隣国の地図がなく、国防・行政に必要として著した。日本を中心とする総図、朝鮮八道、琉球(りゅうきゅう)三省、三六島、蝦夷(えぞ)国(北海道)全図、小笠原(おがさわら)諸島の図よりなる。自序と桂川甫周(かつらがわほしゅう)の序がある。「題初」に「国事ニ与(あずか)ル者地理ヲ不知(しらざる)トキハ治乱ニ臨(のぞみ)テ失有(うしなうあり)、兵士ヲ提(さげ)テ征伐ヲ事トスル者地理ヲ不知トキハ安危ノ場ニ失有……」とある。91年『海国兵談』が禁にあったとき、本書もともに絶版となる。外圧を予感した先見的な書として意義が大きい。のちパリで翻訳出版され、アメリカとの小笠原諸島帰属問題が争われたときの有力資料となった。『林子平全集』(第一書房)所収。[塚谷晃弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android