ティルピッツ(英語表記)Tirpitz, Alfred von

  • 1849―1930
  • Alfred von Tirpitz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1849.3.19. キュストリン
[没]1930.3.6. バイエルン,エーベンハウゼン
ドイツの軍人。ドイツ艦隊を建設し,「ドイツ海軍の父」といわれる。 1865年プロシア海軍に入り,92年海軍作戦部長,97年海相。ウィルヘルム2世の意を受けてドイツ海軍を拡張,98年「第1次艦隊法」,1900年「第2次艦隊法」を成立させ,ドイツを世界第2位の海軍国に育てた。第1次世界大戦では無制限潜水艦戦を主唱するなど,穏健派の宰相 T.ベートマン・ホルウェークと対立し,16年辞任。 17年 W.カップとともにドイツ祖国党を創立。 24~28年ドイツ国家人民党国会議員,25年の P.ヒンデンブルクの大統領就任尽力。『回想録』 Erinnerungen (1919) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1849‐1930
ドイツ帝国の軍人,政治家。強力な大洋艦隊の建設を唱えて,帝国主義の時流に乗る。1897年海軍長官に就任(1911年以降は海軍提督),98年以後1912年までにあいついで艦隊法を成立させ,ドイツ海軍を飛躍的に増強した。このためイギリスとの建艦競争が激化,第1次世界大戦勃発一因となった。しかし大戦中,イギリスに包囲されてドイツ艦隊の主力はほとんど活動せず,ティルピッツは無制限潜水艦戦の即時実施を要求していれられず,16年辞職した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの軍人、政治家。1865年海軍に入り、水雷艇の開発に努力、1892年海軍軍令部参謀長となり、対外膨張のため大艦隊の建造を唱えた。1897年海軍長官に就任、翌1898年艦隊法を成立させて以来、大衆団体ドイツ艦隊協会の扇動を利用しつつ、艦隊の増強に努め、ドイツを世界第二の海軍国に育てた。しかし「建艦競争」はイギリスとの関係を悪化させ、第一次世界大戦勃発(ぼっぱつ)の原因の一つとなった。大戦中に全艦隊の早期出撃、ついで無制限潜水艦戦の実施を主張して、政府首脳と対立、1916年辞任した。1917年、右翼のドイツ祖国党設立に参加、戦後もドイツ国家人民党の国会議員(1924~1928)となった。

[木谷 勤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1849〜1930
ドイツ帝国海軍の建設者
海軍大臣(在任1897〜1916)として対英6割のドイツ大洋艦隊の建設に成功し,世界第二の大海軍国とした。第一次世界大戦では,大洋艦隊の積極的行使と無制限潜水艦作戦を主張していれられず辞職。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android