コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テイク・オフ テイク・オフ take-off

2件 の用語解説(テイク・オフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テイク・オフ
テイク・オフ
take-off

アメリカの経済学者 W.W.ロストウがその著書『経済成長の諸段階』のなかで展開した経済発展五段階説のなかの一段階で,「離陸期」と訳される。ロストウはすべての社会がたどる経済的発展段階を,(1) 伝統的社会,(2) 離陸のための先行条件期,(3) 離陸期,(4) 成熟への前進期,(5) 高度大衆消費時代という五段階に分けて考察し,離陸期では政治,経済,社会の急速な構造的変化が生じ,低開発状態からの脱出が行われると考え,この離陸期の段階にある国としてアルゼンチンブラジル,チリ,コロンビアフィリピンベネズエラインド,中国などをあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テイク・オフ
ていくおふ
take off

経済発展の一つの段階を表す概念。離陸ともいう。W・W・ロストウがその経済発展段階説のなかで初めて用いたことばである。彼によれば、すべての国の経済発展は、〔1〕伝統社会、〔2〕過渡期、〔3〕テイク・オフ、〔4〕成熟期、〔5〕高度大衆消費時代、という五つの成長段階をたどるものとされる。このうちテイク・オフとは、ちょうど飛行機が離陸するときのように、経済が高い率で本格的な成長・発展の段階に突入する時期で、その要件としては、投資比率が10%を超えること、少なくとも一つ以上の主導産業が高い成長を達成すること、離陸のための制度的条件が満たされること、などがあげられている。ロストウによれば、日本のテイク・オフ期は明治10年代以降の1878~1900年ごろであったとされている。[羽鳥 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テイク・オフの関連キーワードアメリカの学者アメリカの声ウェブスターワイルダーアメリカの夢アメリカの影ラテン・アメリカ経済機構レオンチエフの逆説テイク・オフロストー,W.W.

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テイク・オフの関連情報