コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テクタイト テクタイト tektite

翻訳|tektite

6件 の用語解説(テクタイトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テクタイト
テクタイト
tektite

オーストラリア,東南アジアアフリカ北部,北アメリカなどいくつかの限られた場所に産出する黒曜石類似の天然ガラス質の物質。外形は球,楕円,紡錘形などのほか,溶融状態のまま空中を飛行した形跡を示すボタン状のものなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テクタイト(tektite)

黒曜石に似たガラス質の直径数センチ程度の球形・楕円体や円盤状の物質。東南アジア・オーストラリア・アフリカ・北アメリカなどの一部で発見され、成因については隕石(いんせき)の衝突説などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テクタイト

地表・地層中に軽石状に産する天然ガラス質物質。透明な緑〜黒色,球状またはレンズ状で,外観は黒曜石に似る。断面は複雑な流線模様。化学組成はほぼ一定で,SiO270〜80%,Al2O311〜15%。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テクタイト【tektite】

ケイ酸を主成分(約70%)とし,水を含まない,成因の不明な天然ガラス質物質。チェコスロバキアで1900年に発見された。東南アジア,オーストラリア,アフリカ,アメリカ合衆国などの限られた地域だけで発見される。外観はボタン状や球状などが多く,直径は数cm以下。表面に流状構造を示すため,空気中を飛行したとされる。固化年代は産地ごとに異なる。成因は,宇宙物質(隕石や月など)が地表に落下したものとする考えと,地上物質(岩石や土壌)が隕石の衝突や火山噴出などで空中に放出され落下したものとする考えがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

テクタイト【tektite】

球形・楕円体、また扁平なボタン形をした大きさ数センチメートルの天然ガラス質の物質。黒曜石に似る。アメリカのテキサス州、オーストラリア、アフリカの一部など、限られた場所に発見されている。巨大隕石の衝突により蒸発・気化した大量の地球物質が空中で急冷し、ガラス化したものと考えられている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テクタイト
てくたいと
tektite

大きさ数センチメートルの球、円盤、紡錘形をした黒褐色ガラス物質。その色および化学組成は黒曜石に似ているが、火山起源の溶岩ではなく、空中を飛行したケイ酸塩メルトの形状を示す。その産地は、地球上の限られた場所、東南アジアの一部、オーストラリアの一部、アフリカ北部、北アメリカの一部などである。それゆえ、テクタイトの起源については、かつて、隕石(いんせき)に似た地球外物質であるとか、隕石の衝突によって飛散した月面物質であるなどの外来起源説と、隕石が地球表面に衝突したときに形成されるガラス飛散物であるとする地球起源説との間に熱い論争があった。しかし現在では外来起源説を信じる者はいない。なぜならば、テクタイトには、宇宙空間飛行中に宇宙線によってつくられるはずの微弱放射能が検出されず、また大気圏突入時につくられるはずの溶けた殻もついていないからである。アポロ計画は月面にテクタイトが存在しないことを明らかにした。一方、テクタイトの産地の近くには隕石孔がある。ここで採取される衝撃ガラスの化学組成とその生成年代は、相当するテクタイトにきわめてよく似ている。[小沼直樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テクタイトの関連キーワード乾性ガス石質隕石温泉華主成分アルミノ珪酸塩ガラス尿酸結石天然系塗料ケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物)ケイ酸肥料(珪酸肥料)マンガン鉱物

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone